《四国警備保障、セキュリティスタッフ求人インタビューの3つのポイント》
①人財育成にとても熱心
②自分で考えて行動する力が身につく
③普段の努力の継続により、自分に自信がつく

四国警備保障株式会社 概要・求人内容

四国警備保障株式会社のホームページはこちらから

所在地
・香川県高松市六条町1197-1

事業拠点
・高松、丸亀、観音寺、小豆島、東かがわ

募集職種
・セキュリティスタッフ

仕事内容
・機械警備を導入しているお客様(企業、工場、官公庁などの施設)の防災、防犯、設備異常に関する緊急対処及び事後処理業務

雇用形態
・正社員

給与
・基本給:157,600~267,600円 無事故手当:13,000円 家族手当など各種手当有り

賞与
・年2回支給

各種保険
・健康、厚生、労災、雇用保険完備 財形貯蓄 退職金制度有り

勤務地
・各事業所(お住まいの場所を考慮します。)

勤務時間
・8:00~18:30 18:30~8:00 (2交替制) 休憩時間:日勤は105分、夜勤は255分 交替制は月より変わります。時間外勤務:月平均30時間

休日・休暇
・シフト制 月間21日出勤して頂きます。(31日営業月なら10日休み、30日営業月なら9日休み)その他各種休暇制度有り 年間休日日数:113日

応募資格
・高卒以上 普通自動車運転免許(AT可)

選考プロセス
・応募書類:履歴書 職務経歴書
・選考方法:書類選考、適性検査、筆記試験(作文)、面接2回

この企業、求人についてもっと詳しく知りたい方は、こちらから

「まさか」の時のために、普段が大切

かがわキャリアポストが、四国警備保障さんに対してとても感心していることがあります。
それは、訪問させていただいたときの受付対応や、電話をさせていただいたときの電話対応がとても良いことです。表情、姿勢、言葉遣いなどが、とても素晴らしいです。そしてそれは、いつでも、誰に対応していただいても変わりません。

一見、普通のことと思ってしまいますが、意外とその様な企業はありません。仕事柄、様々な業種の企業を訪問させていただいておりますが、感覚的には10%も無いような気がします。

今回、セキュリティスタッフの求人をいただいたことと併せて、とても丁寧な受付・電話対応の秘訣がどこにあるのか、そして、四国警備保障さんの本質的な魅力を少しでも理解させていただくために、取材をさせていただきました。

少し渋い印象を与える技術部部長と目力のある実直な印象の若手技術スタッフのインタビュー記事をこちらからご覧下さい。

自分でしっかり考えることの大切さ 四国警備保障で仕事をして変化したこと

機械警備課課長 正面

さぬき夢街道を三木町方面へ走り、高松中央インターチェンジを少し過ぎた所に、四国警備保障さんの本社があります。
まずは、機械警備課 課長の安藝(あき)さんにお話をお伺いしました。素朴で誠実な印象を与える人です。

=安藝課長が、四国警備保障さんに就職したきっかけはどの様なことですか?

高校を卒業して新卒として入社し、今年で25年目となります。警察官であった叔父の影響があり、警備業の仕事を選びました。

他人から「珍しいなぁ」と言われたこともありますが、当時、夜の仕事に興味があったのです。
世の中には、あまり人目につかない仕事もあり、そのような仕事をしている人がどのようにして人の役に立っているのかということに、とても興味がありました。
そして、四国警備保障は香川が本社の警備会社で、単純に地元の役に立ちたいという気持ちもあり、四国警備保障に入社しました。

=入社後は、どのような経歴を歩まれてきましたか?

入社して20年ぐらいは、機械警備課のセキュリティスタッフとして勤務しました。
その後、業務スキルを広げるために、自らオペレーションセンターを希望して2年ほど勤務し、現在は、機械警備課の課長として勤務しています。

機械警備課は、警務部の中にあり、その他、施設警備課とオペレーションセンターがあります。
現在の主な業務は、社員が105名在籍している警務部の全体管理と、機械警備課の課長職業務です。
また、業務推進も担当しています。具体的には、古い警備機械を利用されているお客様に新しい警備機械へ変更していただくための警備機械の提案、人と機械で警備を行っているお客様にカメラなどを活用した機械のみで警備を行う、警備の効率化の提案を行っています。

警備機械

=機械警備課の課長になられて、自分自身の変化は何かありますか?

大きくは二つのことが変わりました。
一つは、目の前のことだけでなく、先のことも考えて業務に取組むようになったことです。

具体的には、今まで取組んできた業務方法を見直し、万が一のことが起こったときにすぐに対応できる体制作りに力を入れています。

危険な状況になった時のお客様と社員の対応策、進歩した警備機械の性能や使い方の習得など、部下の育成に力を入れています。
そのために、読書など勉強をすることも増えました。自分も知識を習得しないと、良いアウトプット(部下の育成)もできないからです。

もう一つは、コミュニケーションの方法が変わりました。管理職になると周りに与える影響力が大きくなります。
そのため、自分が発する言葉に気をつけるようになり、部下を指導するときも感情的にならないようにして、相手がきちんと理解できる話し方に注意をしています。

自分を向上させるために学び続ける 四国警備保障の人財育成

機械警備課課長 右側面から

受付・電話対応の丁寧さ以外にも、かがわキャリアポストが四国警備保障さんに対してとても感心していることがあります。
それは、人財育成にとても力を入れていることです。
ビジネスマナー研修、現任教育研修など様々な研修に取組まれています。中には、「自分作り」を目的とした、人づくり研修というユニークなものもあります。

以前、代表の木村社長に研修の目的についてお尋ねすると
「人間としての価値を上げるための気付きを与える環境作り」
「物事に対して自分でしっかり考える習慣を身につける」ため
であると答えてくれました。
安藝課長のお話を聴きながら、その目的がきちんと浸透していることを感じさせられました。

仕事中の機械警備課 課長

=安藝課長は、会社の成長・変化を身近に見られてきたと思いますが、それによって何を学びましたか?

お客様の信頼を得ることが一番大切であることを学びました。

そして信頼を得るためには、人の力が一番大事であることを学んできました。
変化ということであれば、警備の機械化の進展が一番大きな変化です。
特に、カメラの進歩が大きいですね。無人化警備が増えるなど、カメラの進歩によって警備方法も大きく変わりました。

また、警報の方法も変わりましたね。昔はただ異常を知らせるだけで、現場に行かなければ詳しいことが解りませんでしたが、今は、どのように入室したのかなどもすぐに解り、対応方法をオペレーションセンターで判断できるようになっています。

とはいえ、最終的に大切なのは人です。
いくら機械化が進んでも、最後は人で対応しなければなりません。だからこそ、四国警備保障では、ビジネスマナー研修、人づくり研修など、人財育成に力を入れてきました。

私自身は、物事に対する視野が広がり、人とのコミュニケーション能力が向上したと思います。

警備業は、様々な業種の会社がお客様になります。そして、良い警備をするためにはお客様のことを知る必要があります。
そのためにいろいろなことに興味を持って、他の業種の仕事について勉強をしてきました。
勉強をすると少しずつでも自分が向上し、自分が向上していくことで自信がついてきます。
自信がつけばお客様にきちんと対応することができるようになり、コミュニケーション能力が向上していきました。

人を思いやる気持ち 四国警備保障で仕事をすることで得られるもの

機械警備課 事務所内

=安藝課長は、四国警備保障さんで働くことで何を得ることができましたか?

それは、人を思いやる気持ちです。

企業理念の一つに、「お客様、社員、家族、会社、地域の宝物を大事にする。」というものがあります。
宝物は、人それぞれ違います。四国警備保障で仕事をすることで、自分にとって本当に大事なものが何なのか、それが解るようになりました。

そうすると、お客様、会社の同僚や部下、友人などにとって本当に大事なものは何であるのか・・ということを考えるようになり、他人を思いやる気持ちにつながっていくようになりました。

これからの目標と課題

機械警備課課長 笑顔

=これからの目標はどのようなことですか、そのための課題は何でしょうか?

目標は、警備業という枠を超えて、お客様に対するサービスを追究していくことです。

具体的に言うと、何か危険なことが起きてその対応でお客様の信頼を得るのではなく、普段の対応を見てもらって信頼を得ることができる様になることです。
そのためには、これからも、商品知識を含めた様々な知識、マナーなどの人間性を高めていく必要があります。

課題は、部署を超えた情報共有、連携の強化がもっと必要なことです。
お客様に対するちょっとした気付きや知識などを部門を超えてもっと共有することができれば、部門間の連携がさらに強化され、それは間違いなくお客様にとってプラスになります。そうしていくことで、お客様から警備以外のことでも相談してもらえるようになることが最大の目標です。

事務所内部

この企業、求人についてもっと詳しく知りたい方は、こちらから

セキュリティスタッフという仕事

スタッフ正面

続いて、大卒新卒で就職して今年で勤務が満5年になる、機械警備課若手の北林さんにお話しをお伺いしました。
純粋な一面が見える素直な印象を与える人です。

=どのようなきっかけで、四国警備保障さんに就職したのですか。また、現在の業務内容はどのようなものですか?

東京の大学を卒業して、地元の香川に戻ってきて、叔父の紹介で四国警備保障に就職しました。
面接のとき、「お客様の安心と安全を守る」ことに対する木村社長の熱意に感動し、この会社であれば自分も成長できると感じました。

現在、セキュリティスタッフとして業務を担当しています。

具体的な業務内容は、お客様であるオフィス、工場、学校、コインパーキング、銀行ATMなどのトラブル対応、警備機械の点検・メンテナンスを行うための巡回業務、現金輸送業務、より良い警備を行うためのお客様調査などの事務業務などです。

四国警備保障は、香川県全域を警備できる体制を整えています。高松地区は複数のエリアに分けています。
セキュリティスタッフになると、まずは、1つのエリアを担当します。そのエリアのことをきちんと把握できるようになると担当エリアが1つ増えます。
そのようにして、数年かけて経験を積んでいき、全てのエリアを把握できるようになっていきます。

私は、既に高松市内全体のことを把握できるようになっていますので、勤務シフトによって担当するエリアが日々変わるようになっています。

車に乗るセキュリティスタッフ

出動件数は、担当エリア、曜日、天候などにより様々です。月並みですが、忙しい日もあればそうでない日もあります。

お客様の会社が既に業務を終えて社員さんが全員帰っている時間帯であるのに、警備のセットをしていないときの対応、深夜などの意外な時間帯にお客様が入室されたときの確認、機械警備が異常を発信したときの原因究明などが出動のほとんどを占めます。

機械警備の異常発信については、エアコンの消し忘れにより室温が上昇して温度センサーが作動した、エアコンの風により吊るしてあるPOP広告などがゆれてセンサーが反応した、赤外線センサーが動物や風などで飛んできたゴミに反応したなど、人的ミスや自然現象が原因のものが多いです。

警備という仕事は生活に密着していますが、具体的な仕事内容については知らない人も多いのではないでしょうか。
かがわキャリアポストも、今回のインタビューをするまでは解っているようで解っていませんでした。
「実際はトラブルでないことにも、きちんと対応してくれている」・・私たちの安心・安全の裏側にはこのような努力があり、それによって支えられているのだ、ということが解りとても感心しました。

継続は力なり 企業理念の実践

セキュリティスタッフ立ち姿

=個人的には、何を大切にしていますか?

やはり、お客様から信頼を得ることを大切にしています。

そのために、お客様対応をとても大事にしています。具体的に言うと、お客様との会話です。お客様の要望をよく聴いて、誠実に会話するように注意しています。

実は、四国警備保障では、毎日、お客様対応のロールプレイングをしているのです
二人一組でロールプレイングを行い、それを動画撮影して、その時に出勤している社員と内容を確認して意見交換などをしています。

企業理念のもう一つは、「常々、人財育成を心がけ、地域に貢献する。」です。

能力向上のためには、研修などを受けて終わりではなく、その後も継続していくことが需要だと感じています。そして、学んだことを実践することがより大切だと思います。

毎日、お客様対応ロールプレイングに取組んでいるように、四国警備保障には、お客様に真剣に向き合うための環境があります。

真剣に向き合っているため、社員一人一人がしっかりと自分で考えるようになります。
学び続ける→学んだことを実践する→しっかりと自分の頭で考える→学び続ける、このサイクルが企業理念などを浸透させる秘訣ではないかと感じていますし、四国警備保障の特長です。

=北林さん自身は、四国警備保障さんで働くことで何を得ることができましたか?

社内環境のお陰だと思いますが、自分で考えて行動する力を得ることができました。

具体的に言うと、より良い仕事をするためにどうしたらよいか、職場の環境を整えるためにどうしたらよいか、お客様から信頼を得るためにはどうしたよいか・・といったことをよく考えています。
それが影響しているのか自然と周りの状況を見て、しっかり考えて行動することができるようになり、上司などからほめられることが増えたのはとても嬉しいことです。

これからの目標と課題、そして一緒に働きたい人のタイプ

手振りを交えて話すセキュリティスタッフ

=これからの目標はどのようなことですか、そのための課題は何でしょうか?

現在、直接的な後輩が7名います。
目標は、その7名が一人前のセキュリティスタッフになるためにしっかりとサポートをすることです。
後輩が、お客様の安心と安全をしっかりと守り、お客様から信頼を得られるセキュリティスタッフに育っていくサポートを行うことです。

課題は、自分の仕事の生産性を上げて業務の中で時間を作ることですね。

そして生まれた時間で、後輩やオペレーションセンターの人たちが緊急時などにすぐに対応できるように、お客様に関する詳細な資料などを作成したいと考えています。
また、自分の能力向上や後輩の育成などにも使いたいと考えています。

今は、大事なことではあっても、緊急性が低い業務に十分に取組めていない部分があるので、仕事の生産性を上げて時間を作り、それらのことにしっかりと取組めるようにすることが課題です。

=一緒に働きたい人は、どのようなタイプの人ですか?

企業理念の最後の一つは、「妥協せず、真の安心・安全を追及する。」です。

理念だからというわけではありませんが、自分の信念を持つことができる人、自分の目標、行動に対して妥協しない人と一緒に働きたいです。
そういうタイプの人が入社してきてくれたときにがっかりされない様に、自分自身も普段からコツコツと努力をして、業務に妥協せずに取組まなければならないと考えています。

かがわキャリアポストが感じた価値観

安藝課長が言った、「あまり人目につかない仕事が、どの様に人の役に立っているのか興味があった」・・という言葉が、なぜかとても印象的でした。

世の中には、縁の下の力持ちのような仕事がたくさんあります。そして、その仕事で日夜奮闘している人がたくさんいます。

求人取材をさせていただいてとても感心したことは、「普段」をとても意識している、「普段」をとても大切にしているということです。そしてやはり、人財育成にとても力を入れていることです。

安心・安全が脅かされることは、めったにあることではないでしょう。しかし、いつそのような状況になるかは解らない部分もあります。
いつ安心・安全が脅かされることになるのか解らない部分があるからこそ、「普段」と「人」を大切にされているのだろうと感じました。

そのような環境は、人間として大きく成長できる可能性を秘めているはずです。

採用担当とセキュリティスタッフ

この企業、求人についてもっと詳しく知りたい方は、こちらから

(この記事を書いた人)鈴木 勉