《牧羊会、今回の介護職 求人インタビューの3つのポイント》
①勤務体系が柔軟で、子育てママが働きやすい
②勤務条件、人事制度など組織体制がしっかりしている
③いろいろなタイプの介護職員がいて刺激になる

社会福祉法人牧羊会 概要・求人内容

シオンの丘ホーム

所在地
・香川県高松市香西北町260番地

事業拠点(全て高松市内)
・特別養護老人ホームエデンの丘
・特別養護老人ホームシオンの丘ホーム シオンの丘ホーム デイサービスセンター
・総合ケアセンター ヨハネの里

募集職種
・介護職

仕事内容
・特別養護老人ホーム等での施設介護業務
(健康チェック、リハビリ補助、入浴、食事、排せつ介助、レクリエーションなど)

雇用形態
・正社員

給与
・基本給:141,000~148,200円
・手当:特殊業務手当:基本給の7%(上限25,000円)
資格手当:5,500円(介護福祉士) 2,000円(介護福祉士実務者研修)
夜勤手当:6,000円(夜勤は月5回程度)+500円(喀戻吸引等の実施者)
日・祝日勤務手当:800円 
年末年始手当:出勤1日1,000円

賞与
・年2回支給 4.2ヵ月(前年実績)

各種保険
・健康、厚生、労災、雇用保険完備
・財形貯蓄 企業型確定拠出年金
・退職金制度有り

勤務地
・シオンの丘ホーム、エデンの丘ホーム、ヨハネの里のいずれか

勤務時間
・早出 7:00~15:30 遅出 11:00~19:30  夜勤 18:00~翌9:00 
・各施設で若干変更あり
・残業時間:月平均1時間

休日・休暇
・週休2日制(交替制) 月8回程度
・年間休日日数:約105日
・年次有給休暇 リフレッシュ休暇制度あり(永年勤続5年、10年、15年、20年)
・育児休業、介護休業、看護休暇取得実績あり

その他
・屋内禁煙 敷地内禁煙

応募資格
・特に無し

選考プロセス
・応募書類:履歴書
・選考方法:書類選考、面接1回

この法人、求人についてもっと詳しく知りたい人は、こちらからお問い合わせ下さい。

子育てをしながらも、介護職を長く続けたい理由

以前の牧羊会さんのお仕事インタビューで、かがわキャリアポストがとても感心したことがありました。

それは、大学の経済学部を卒業して、未経験、無資格からスタートした介護職の人にインタビューをしたのですが、未経験、無資格からのスタートでも、地道な努力と人材育成の仕組みで、着実に技術を身につけられていたからです。

今回は、同じく未経験、無資格からスタートし、生活と仕事のバランスを取りながら着実に経験を積み重ねてきた女性介護職の人がいることをお聞きしたので、2人の方にお仕事インタビューをさせていただきました。

静かな情熱を秘めた理事長と、大学の経済学部を卒業して新卒入社し、現在活躍中の介護職のインタビュー記事はこちらからご覧下さい。

牧羊会入社のきっかけ

リーダ-正面

まずは、介護職のユニットリーダーをされている神高(かんだか)さんに、お話をお伺いしました。明るく、ほがらかな印象を与える人です。

=牧羊会さん入職までの経歴と、入職のきっかけを教えて下さい。

私は、スイミングスクールのインストラクターとして、新社会人をスタートさせました。
4年間インストラクターを続け、結婚を機会に退職しました。

子育てが一段落ついたときに介護職として仕事を再開し、デイケアセンターで約8年間勤務しました。その後、牧羊会に転職して、現在、7年目になります。

=仕事を再開するときに、介護職を選んだのはなぜですか?

私の母が、介護職の仕事をしていたのが大きかったですね。ですから私にとって介護職は、結構身近な仕事でした。

もともと体を動かす仕事が好きなこともあり、仕事と育児とのバランスを考えて、家の近くのデイケアセンターに再就職したのです。牧羊会には、介護職としてステップアップしたいと考え、転職しました。

介護の仕事をして嬉しくなる理由

介助の様子

=入職時から今まで、どの様な業務を経験してきていますか?

入職時に、特別養護老人ホーム シオンの丘ホームに配属され、現在もそこで勤務しています。正社員として採用されましたので、日勤と夜勤があります。

業務内容は、食事介助、排せつ介助、入浴介助、レクリエーションなど、利用者さんの生活介助です。日勤も夜勤も業務内容は大きくは変わりませんが、夜勤は食事介助が少なく、夜間巡回の業務があります。

=介護職の良いところ、大変なところは、どんなことですか?

嬉しいことは、いろいろなお世話をすると、利用者さんに「ありがとう」と言ってもらえ喜んでくれることです。

日常生活の中ではお世話をしても、お礼を言われることはなかなか無いと思います。
家族の中でも、普通に「ありがとう」などと言ったほうが良いと反省しますね。

大変なことは、夜勤があることですね。家事などがあるので、夜勤明けを寝て過ごすわけにはいきませんから、やはり大変です。家族にサポートしてもらって対応しています。

牧羊会の3つの特長

リーダー左向き

=牧羊会さんの特長は、どんなところですか?

私は、大きく3つあると思います。

①キリスト教の精神が根底にある
②勤務条件、人事制度など組織体制がしっかりしている
③様々な介護職の人がいて刺激になる
の3つです。

キリスト教の精神が根底にある。

必ず参加しなけければいけないわけではありませんが、週に一度礼拝があり、利用者さんも職員も参加します。

そこで介護にも通じる、人に優しく接するキリスト教の精神に触れました。今までの自分には無かったことなので、自分の考え方が広がりましたね。

牧羊会の仕事の根底にあるもので、思い返せば、私も先輩に優しく丁寧に指導してもらいました。創設時から今も続いている伝統ではないかと思います。

勤務条件、人事制度など組織体制がしっかりしている

リーダー右向き

牧羊会に転職したのは、介護職としてステップアップしたかったからです。

牧羊会では入社4年目でユニットリーダーに昇格することができ、それによって仕事の幅も広がりました。休日制度、各種手当などがしっかりしているので、生活面でも助かっています。

いろいろな介護職の人がいて刺激になる

動きのあるリーダー

組織体制がしっかりしていることに関連することにはなりますが、職員数が多いので様々な介護職の人がいて良い刺激になります。

20代の若い人から人生の先輩でもある年配の人まで、様々な年齢層、様々なタイプの介護職の人がいます。様々な介護職の人と一緒に仕事をすることは、自分のレベルアップにもつながっていると感じます。

介護技術が向上する仕組み

レクレーションの様子

=スキルアップ、レベルアップの方法について教えて下さい。

これも組織体制がしっかりしているからこそできる事だと思いますが、委員会活動を軸とした職員のレベルアップは、私自身にも大変役に立っていますね。

口腔栄養委員会を筆頭に様々な委員会があり、基本、月に1回定例活動を行っています。現場の介護職の疑問などが各委員会に伝えられ、各委員会で研究や対策の検討を行います。各委員会で研究や検討されたことは、現場の介護職全員に共有されるという仕組みになっています。

委員会活動の成果の一部

私は、看取り委員会に所属しており、看護師、歯科衛生士、管理栄養士、介護福祉士が一緒になって、利用者さんと家族が納得できる終末期を迎えるために、どの様な支援をするか?について研究、対策の検討をしています。

委員会活動は、情報共有、職員の専門性向上、事故の再発防止などに大変役立っています。

各委員会での学び、→知識が増えることにより日常の業務で疑問が出る、→そのことについて問題提議をする、→解決策をいろいろ考える、→解決につながる、という好循環を生んでおり、業務に取組みながら自然になぜ?なぜ?と考え、あいまいに済ませることが無くなりました。

自分が考えた解決策が上手く当てはまるとやはりとても嬉しく、これを繰り返すことでレベルアップしていっていると感じます。

目標と課題、そして一緒に働きたい人のタイプ

事務所内①

=今後の目標と課題は、どの様なことでしょうか?

目標は、介護職の仕事をできるだけ長く続けていくことです。

やはり、お年寄りはとても大切にしたいと思います。また人生の先輩でもあるので、学ぶこともたくさんあります。
介護の仕事は大変というイメージを持っている人が多いと思いますが、人から感謝されることが多い仕事で、私は、大変なことよりも楽しい方が強いです。

これからの高齢者は、様々なニーズを持っており、個別性がどんどん高まると思います。
それに対応するには、今以上にコミュニケーションが大事になるはずなので、コミュニケーション能力のさらなる向上が課題です。

=どの様な人と一緒に働きたいですか?

大変なことも楽しめるタイプの人がいいです。

介護の仕事は、決してきれいな仕事ではありません。しかし親のお世話など、将来の自分に役立つこともたくさんあります。

ご飯を食べた、お風呂に入った、きちんと排せつをしたなど、人間の生活全般のサポートが介護の仕事であり、その全てがとても大切なことです。

その喜びを共有できる人と、一緒に仕事をしたいですね。

施設内

この法人、求人についてもっと詳しく知りたい人は、こちらからお問い合わせ下さい。

未経験、無資格からのスタート

介護職 真正面

続いて、準社員として介護職をされている加藤さんにお話をお伺いしました。
控え目で奥ゆかしい印象を与える人です。

=牧羊会さんに入社されるまでのいきさつを教えて下さい。

私は、社会人新卒としてホテルに就職しました。そこでは、接客対応や電話対応などの業務を経験し、結婚を機会に退職しました。
子供2人の育児のため5年ほど仕事をしていませんでしたが、子供が大きくなったので、牧羊会に再就職しました。

介護職 右向き笑顔

=牧羊会さんへの入社のきっかけは、どの様なことですか?

学生の頃に母を亡くした私は、おばあちゃん子でした。祖母が年齢を重ねていくうちに、だんだんとできないことが増えていくのが、とても気掛かりでした。

それで、少しでも祖母の助けになりたいと思い、介護の仕事に興味を持ちました。
また、これからは高齢者が増えていくので、介護の仕事は長く続けることができるだろう考え、高齢者の手助けをする介護職を選びました。

介護職という仕事

介助の様子②

=入職されてから現在まで、どの様な業務を経験してきましたか?

特別養護老人ホームでの業務内容

8時15分~16時勤務のパート職員として入職し、最初は特別養護老人ホームに配属になりました。月に22日前後働くシフト制で、そこでは約3年勤務しました。

業務内容は、出社をするとまず利用者さんの離床介助を行い、→朝食の準備・食事介助、→トイレ介助、入浴介助、→昼食の準備・食事介助、→口腔ケア介助やトイレ介助などを行うという内容です。

ベッドから車いすへの乗り移りの動作などの移乗(いじょう)すら知らない、未経験からのスタートでしたので、最初は必死でしたね。
一所懸命に利用者さんの顔と名前や、一人一人の特徴を覚えました。

業務の指導方法は先輩の介護方法を見て覚え、覚えたことを自分で行って、先輩から指導を受けるといった形でした。
周りの人たちがとても親切で、コミュニケーションなども良かったので、安心感を持って業務に取組めましたね。

嬉しかったことは、利用者さんに頼りにされることでした。利用者さんは、自分でできないことがあるので、手助けをすると「ありがとう」とお礼を言われ、お礼を言われ頼りにされると、また頑張ろうと思えました。

大変だったことは利用者さんそれぞれに特徴があり、同じ介助でもその特徴を踏まえ、一人一人対応を変える必要があったことです。

デイサービスでの業務内容

介護職右向き笑顔

特別養護老人ホームの次は、デイサービスへ異動になりました。パート職員のままでしたので、8時15分~16時勤務、月22日前後出勤のシフト制です。デイサービスは日曜は休日です。そこでは約2年勤務しました。

業務内容は、利用者さんのご自宅にお迎えに行くことから始まり、施設に戻ると体温、血圧などのバイタル測定、→入浴介助、→昼食準備・食事介助、→レクリエーション、→ご自宅まで送迎、といったものです。

レクリエーションは、折り紙、貼り絵、歌を歌う、体操、料理などいろいろなことをしましたね。

デイサービスは、ご家族ともやり取りがありますし、介護度が低い高齢者が中心なので、利用者さんともいろいろな会話ができることが楽しかったです。

大変だったのは、レクリエーションです。
大勢の人前で話をした経験はありませんでしたし、最初、先輩が行うレクリエーションを見て、自分にはとてもできない・・と感じました。
ただ基本の進め方もあり、周りの職員のフォローもあったので、場数を踏むことでできる様になりました。やはり、経験を積み重ねることは大切です。

ショートステイでの業務内容

介護職正面

デイサービスの次に、ショートステイに異動になりました。現在もそこで勤務をしています。
ショートステイに異動になるときに準社員に昇格しましたので、現在は、早出、遅出などの勤務もあります。ただ、家族のことを配慮してくれ、夜勤は外してくれています。

ショートステイの業務内容は、デイサービスにちかいです。
遅出の時は、昼食準備・食事介助の後に口腔ケア介助やおやつの時間があり、→夕食準備・食事介助、→就寝準備介助などを行い、夜勤担当者へ引き継ぐといった業務になります。

ショートステイの利用者さんも、介護度が低い人が中心なので、利用者さんといろいろな会話ができることが楽しいです。とはいえ、中には厳しい高齢者もいます。一人一人の特徴に合わせて対応することは、やはり難しいです。

私は、もし自分の身内がされたら嫌なことは絶対にしない・・ということに一番注意をしています。

利用者さんが嬉しいこと、利用者さんにとって良いことをすると、「ありがとう」とか「助かったわ」と感謝してくれます。

利用者さんとの1対1の関わりのなかで、当たり前のことを日々当たり前に対応し、その時だけではない、長い間の変化を見てその人のことを知ることができるのが、介護職の醍醐味です。

レクリエーションの様子

人材育成と柔軟な勤務対応 牧羊会の特長

介護職正面右寄り

私が思う牧羊会の特長は、大きく2つあります。
一つ目は、人材育成のサポートが手厚いことです。

私は、未経験、無資格で就職しましたから、働きながら資格を取得する必要がありました。介護福祉士の受験資格を得るには、3年以上の実務経験と介護福祉士実務者研修を受講する必要があります。

6ヵ月間の介護福祉士実務者研修を休日に受講しなければならなかったなら、私は介護福祉士を取得できていなかったと思います。

休日は家庭の用事がいろいろとあり、とても受講できる状況ではなかったからです。牧羊会では、勤務扱いで全て受講させてくれました。これは、本当に助かりました。

二つ目は、勤務シフトを柔軟に対応してくれることです。
子供2人がある程度大きくなったとはいえ、突然の病気や学校行事などがあったりします。生活とのバランスを考えて勤務シフトを組んでくれたり、不測の事態にも対応してくれます。子育てをしている母親にとっては、とてもありがたいことです。

牧羊会で働くことで得ることができたもの

介護職やや下向き

=牧羊会さんで仕事をすることで、得ることができたことは、どんなことですか?

一番は、介護者としてのレベルアップ、介護技術の向上です。

先輩の丁寧な指導や委員会活動からの成果、資格取得に対するサポート、これらが無ければレベルアップすることは難しかったと思います。お陰で、介護の道に入るきっかけとなった祖母のサポートにも、十分活かせています。

それから、高齢者にさらに優しくなることができました。普段の生活の中でもつい高齢者に気配りをすることがよくあります。

目標と課題、そして一緒に働きたい人

事務所内②

=これからの目標はどんなことですか?

介護の仕事を長く続けたいです。そして介護者として、技術的にも人間的にもさらにレベルアップしたいです。そのためには、高齢者に対して、小さなことでも気付けることができる介護者になる必要があります。

=どの様なタイプの人と、一緒に働きたいですか?

挨拶、決められたこと、それらをきちんとできる人がいいです。

私は自分自身についても、大きなことを求めずに、基本を大切にする・・ということをモットーにしています。
「当たり前のことを当たり前にできる」この様な人と一緒に働きたいですし、私自身が大切にしたいことです。

学び、そして自分で考えるからレベルが向上していく

学びがあると知識が増える、→知識が増えるから普段なんとなくしていたことにも疑問が出る、→疑問が出るから確認したり、調べたり、解決しようとする、→調べたり解決しようとするからレベルが上がる・・インタビュー中に出てきた言葉ですが、心に突き刺さりました。

まさしくその通りです。

未経験からスタートしても、学ぶ気持ちがあれば必ず向上していくでしょう。
そして何歳になろうとも、何年経験しようとも、学ぶ気持ちを失わないことがとても大切で、いつまでも面白く取組める核心なのかもしれません。

本部長とユニットリーダー②

この法人、求人についてもっと詳しく知りたい人は、こちらからお問い合わせ下さい。

(この記事を書いた人)鈴木 勉