《正友会、今回の介護職 求人インタビューの3つのポイント》
①チャレンジすることを推奨する風土があり、自主性を養うことができる
②「知識・技術」と「想い・熱意」の両方を大切にしており、その上で、介護技術を向上させることができる。
③子育てをする人に優しい勤務制度や風土があり、仕事と生活を両立させることができる

社会福祉法人 正友会 概要・求人内容

所在地
・香川県仲多度郡まんのう町長尾1102

事業拠点
・仲多度郡まんのう町4ヶ所、善通寺市1ヶ所

募集職種
・介護職員

仕事内容
・ご利用者の日々の暮らしのサポート(食事、入浴、排せつ、移動など)

雇用形態
・正社員

給与
・基本給:139,100~245,000円
・職務手当:12,000円
・特定処遇改善手当:4,000~25,000円
・資格手当:介護福祉士・・10,000円、その他・・3,000円
・夜勤手当:1回 8,000円
・通勤手当:上限18,000円(距離数による)
・住宅手当:アパ-ト借用の場合、15,000円上限
・扶養手当:配偶者・18歳未満の子…7,000円 60歳以上の父母…4,000円

賞与
・年2回支給(前年実績3.8ヶ月)

福利厚生
・健康、厚生、労災、雇用保険完備 退職金制度 ソウエルクラブ加入
・健康診断・人間ドック(40歳・50歳)費用全額負担
・介護福祉士資格取得バックアップ制度 職員交流助成金 年末反省会(忘年会)

勤務地
・各事業所

勤務時間
・早出:7:50~16:50
・遅出:9:30~18:30
・夜勤:16:30~翌9:30(8時間勤務・交替制勤務)
・時間外勤務時間:月平均3時間

休日・休暇
・1ヶ月9日(2月は8日)
・その他各種休暇制度有り
・年間休日107日 

応募資格
・高卒以上 年齢不問 介護の資格は持っていなくてもOK

選考プロセス
・応募書類:履歴書 介護関連の資格を取得している場合は、資格者証
・選考方法:面接1回
※未経験の方や不安を感じる方には、就業体験の対応も可能です。

この法人、求人についてもっと詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせ下さい。

真面目の上に真面目がつくぐらい真面目

かがわキャリアポストが、正友会さんと接したときに感じていた
「組織として規律がありながら、どこかしら自由な雰囲気がある」
「かしこまり過ぎず、そして、くだけ過ぎることもない」という雰囲気は、以前、盛施設長と村上介護課長にお話をお聴きすることで、次の5つのことが源泉になっているのではないかと感じました。

それは
①大切で必要なことは、たとえ大変なことであっても、決してあきらめずに組織全体として地道に取り組む
②今がベストではないと考え見直しを繰り返し、さらに良くしていく
③基本的に組織として取り組むが上からの強制だけにならないように、職員一人一人の自主性を促す
④多様性があることを前提とし一人一人違うことを受け入れ、その違いを楽しむ
⑤一人一人違うからこそご利用者、職員を個別に対応して、一人一人を大切にする
の5つです。

今回は、正友会さんがどの様に取り組まれているのかより具体的に知るために、事務局長であり採用担当者である丸畑さんと介護主任の西山さんにお話を伺いしました。

穏やかで、柔らかな印象の施設長とインタビュー中笑いが絶えなかった介護課長の記事はこちらからご覧下さい。

法人訓『知愛一如』(ちあいいちにょ)正友会の特長

事務局長 正面

まずは、丸畑さんにお話をお伺いしました。スマートで誠実な印象を与える人です。私が今までで一番、正友会さんのなかでお話をしてきた人です。

=丸畑さんは、正友会さんに就職されて、どのぐらい経つのでしょうか?

私は、正友会に就職して18年になります。社会福祉系の大学を卒業して別の老人ホームで9年間勤務して、その後ご縁があり、正友会に転職しました。

私が高齢者福祉の世界に入ったのは、介護保険制度がスタートする7年前の1993年です。
当時、国を挙げて在宅サービスを強化する動きがありましたが、制度そのものはまだ十分ではありませんでした。
だからこそ、自分たちの想いを基にして仕事仲間と一緒に、本当に困っている人たちに向き合う努力や工夫をしていました。今振り返ると、楽しい思い出ばかりです。

その後は、国の施策と共に高齢者福祉が大きく変わっていった時代であり、私も様々な経験をさせていただきました。その中には、介護福祉士の養成校で非常勤講師をしたり、ケアマネジャーの養成など人財育成に関わるものもありました。
正友会へ転職した理由は、基本的な考え方に共感したことと、長期間に渡る人材育成に関わることができる可能性があったからです。
32歳のときでしたが、それまでの環境、人間関係、地域との関わり方などが大きく変わることになるため、自分の中では大きなチャレンジでした。

=正友会さんの特長はどのようなものだと考えますか?

一言でいうと、『真面目の上に真面目がつくぐらいの真面目』です。

物事を素直に受けとめる風土があり、創設者とその意思に賛同した人たちの想い・考え方を受け継いでいると思います。

法人訓としては、『知愛一如(ちあいいちにょ)』を掲げています。
知識と愛情の両方を備えて、人に接することを大切にして欲しい・・という創設者の想いです。

「知識・技術」と「想い・熱意」は両方とも大切です。だからこそ、どちらか一方が欠けたり劣ったりしないように努力をして、周りの人を大切にして欲しい・・という意味です。
新人を育成するときの重要なポイントにしており、また、経験を積んでレベルアップできても、初心を忘れないように再確認しています。自分たちの軸になるものが明確になっていて、何か迷いが生じたときに立ち返るところがあることは、とても良いことだと感じています。

《正友会さんが大切にしている考えをまとめた冊子。全職員に配布している。》

正友会 法人訓

=実際の現場には、どの様にして形にしているのでしょうか?

私たちも、ずっと以前から全ての職員に理念などを共有できていたわけではありません。
一つのきっかけは、複数の施設を運営するようになったことです。施設単位ではなく、法人としてどう活動するのかを考え、実践していくために法人本部の機能を明らかにしました。
ただその一方で本部が全てを決めて、強制力を持って全てを指示することにならないように気を付けています。法人として規律を持つ、各施設や各個人を認め、それぞれが裁量権を持って進める、この二つのバランスが大切だと考えるからです。

具体的には、高すぎる目標設定や大きすぎる課題への挑戦よりも、自分たちが考える目標・課題への取り組みのプロセスを大切にしています。
目標達成や課題解決はもちろん大切ですが、上手くいかないことを認めることも大切にしています。
これらのことを浸透させるためには、職員間のコミュニケーションがとても重要です。職員が部門を超えて日常的にコミュニケーションをとるために、職員が参加する委員会や実行委員会を立ち上げ、それぞれが掲げたテーマに主体的に取り組める仕組みを作っています。

まんのう町の魅力アップ 正友会の課題

局長 左向き

=正友会さんのこれからの課題はどうお考えになっていますか?

正友会が提供するサービスの評価だけでなく、取り巻く地域社会であるまんのう町が抱えている課題も意識して、事業運営をしていく必要があると考えています。

正友会が事業対象地域としているまんのう町の高齢化率は、現在35%で、香川県全体平均を5%ほど上回ります。また、まんのう町内に存在する特別養護老人ホームは、正友会が運営している3か所しかありません。今後、新規にできる可能性も低いと思います。

ですから正友会は、今まで以上に地域や行政などと協力して、地域の高齢者福祉の拠点として事業を継続していかなければなりません。
まんのう町が魅力ある地域になるために、正友会が地域の中でどのように存在するか・・といったことを常に頭や心の中に持ちながら、目の前のご利用者に対応する必要があります。

そして、その課題に対応するための人材育成も重要です。職員は本当に一所懸命に仕事をしています。だからこそ、職員が介護職として自信を持てることが大切であると考えています。
そのためには、根拠に基づいたケアと介護技術の向上が必要です。ですから正友会は、ポジショニングやノーリフティングケアを積極的に取り入れているのです。

正友会で働くことで変われること、得られるもの、そして一緒に働きたい人

満濃荘 正面

=正友会さんで働くことで変われることや得られるものは、どんなことですか?もしくは、丸畑さんはどうなりましたか?

私自身は、本当にいろいろなことを学ぶことができたと感じています。それは、周りの支えが常にあったことが一番大きかったと思います。
一つは、自分が何かやってみたいと考えたら、「まずは、やってみよう」という風土です。そして、なかなか上手くいかなくても、あきらめずに粘り強く行動すればそれを見守ってくれる雰囲気があります。
ですから、正友会で働くことで得られるものは、チャレンジすることの大切さ、チャレンジすることの充実感だと思います。

それから正友会は、ご利用者にきちんと向き合うことをとても大切にしています。そのことを通じて、高齢者、家族、職場の人など、人との関わりを本当に大切にできる人間に変わることができるのではないでしょうか。

=最後に、一緒に働きたいと思う人はどのような人ですか?

短期的ではなく長い目で物事を見ることができる人、日常の安定感を大切にすることができる人です。

どんなことでも、簡単にできるということはあまり無いと思います。良いものにしていこうとすると、継続する力が必要です。
また、人は一人一人違って当たり前です。
短期的なことばかりにとらわれずに、個性や価値観がぶつかりながらでもあきらめずに物事を続けていくことができる・・そのような人と一緒に仕事がしたいです。

入口ロビー

この法人、求人についてもっと詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせ下さい。

ワークライフバランスの実現

介護主任 正面

前回のインタビューから合わせると3名の人から、いろいろなお話を聴かせていただきました。
最後に、若い世代の人がどのような想いをもって日々の仕事に取り組んでいるのか知りたく、介護主任の西山さんにお話を伺いしました。落ち着いてしっかりした印象を与える人です。

=西山さんは、正友会さんに中途入職されたのですか?

はい、そうです。私は、子供の頃からお年寄りが好きでした。それを見ていた親が、将来はお年寄りを対象にした仕事をすれば向いていると判断して、高校進学の時に福祉科のある高校を勧めてきました。
高校を卒業して最初に働いた施設では3年間勤務しましたが、結婚・出産などの関係で退職しました。

そこから5年間ぐらい福祉の世界からは離れていたのですが、福祉の仕事のやりがいが忘れられず、友人の紹介があったので正友会に就職しました。
入社してちょうど10年目になります。

=今は、どのような仕事を担当していますか?

満濃荘のショート棟に勤務しています。ショート棟の中には、おやつ当番、ショート当番、お風呂当番の3つの当番があり、日々担当する当番は変わります。

おやつ当番は、おやつや飲み物の準備と介助、シーツ交換、レクリエーションなどを担当します。ショート当番は、当日のショートステイご利用者の受け入れチェック、翌日のショートステイご利用者のチェック、お風呂当番は入浴介助を担当します。また空いた時間は、どの当番であっても、できる限りご利用者と関わるようにしています。

入社して5年ぐらい経験を積みながら介護主任に昇格して、現在、介護主任としてメンバーが7名いるユニットのリーダーをさせていただいています。

私は子供が3人いて、一番下の子が1歳になる前に正友会に就職しました。子育てをしながらでも働きやすく、仕事と家庭を両立させることができました。

制度としては、出産して3年間は夜勤が免除になるというものもあります。家族のサポートもありましたが、それと合わせて職場の人たちの理解がとても高かったです。
休日の取り方、夜勤の回数など、状況に応じていろいろ融通を利かせてくれました。子育てをする人に優しい風土があると思います。

チャレンジすることを推奨する 正友会の特長

介護主任 左向き

=正友会さんの特長は、どのようなところだと思いますか?

採用試験のときの面接で、「入社をして働くようになれば、いろいろなことにチャレンジして下さい。」と言われたことをよく覚えています。そしてそれは、面接のときだけの言葉ではなく、本当にそのような環境がありました。

上司の人たちは、自分たちのことを信頼し認めてくれており、ユニット毎に自分たちで考えたことは、まずはチャレンジさせてくれました。

介護主任となった今は、自分がリーダーであるユニット内の日常的なコミュニケーションを大切にしています。小さな意見でもきちんと聴き、できる限り取り上げるようにしています。それは、私が入職したときの最初の上司がしてくれたことでもあるのです。

=介護主任になって変わったことはありますか?

やはり責任は重くなりました。その反面、自分がやってみたいと考えたことをより試せるようになりました。

具体的には、ご利用者主体の介護のさらなるレベルアップ、認知症の方にしっかりと対応すること、業務内容の整理などです。
また、私は楽しく仕事をすることをモットーとしており、そのために喜怒哀楽を皆で共有したいと考えています。それらの取り組みが、ご利用者やそのご家族、そしてユニットメンバーから好評を得たときは、とても嬉しいです。

ご利用者への思いやりの高まり 正友会に就職して変わったこと

介護主任の食事介助

=正友会さんに就職して、西山さん自身はどう変わりましたか?

正友会は、介護技術のレベルアップをかなりサポートしてくれます。
私自身も、ポジショニングや認知症について研修に行かせてもらったり、資格取得のためのサポートをしていただきました。そのお陰で、自分の介護技術もレベルアップしました。
介護技術がレベルアップすることで、ご利用者対する思いやりが高まり、ご利用者の想いに対応できる力がつきました。

=一緒に働きたい人は、どのような人ですか?

思いやりがあり、好奇心が旺盛な人と一緒に働きたいです。
自分の家族と同じようにご利用者に接することができる人がいいですね。いろいろなことに興味を持って取り組める人と一緒に仕事をすると、自分にも良い刺激になります。

真面目の達人

世の中には「真面目の達人」がいます。
ルール・約束を守る、決められたこと・言われたことをきちんとする、などが真面目に対するよくある認識でしょうか。反面、面白みがない、融通が利かないなどのマイナスの意味合いが含まれることもあります。

でも、守り続けていくことは簡単なことではありません。特に深く考えず、全く同じことを守り続けていてもあまり意味はありません。一見、頑固者のように見えても、状況や時代などに合わせて変えていく部分があるから、本当に大切なものを守り続けていけるのではないでしょうか。
そういう人が「真面目の達人」だと思います。そして「真面目の達人」は、その根底に強さを秘めているのです。

正友会さんをインタビューをさせていただいて、一つ感嘆したことがあります。
正友会さんは、「真面目の達人の集まり」です。

入口事務所内部

この法人、求人についてもっと詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせ下さい。

(この記事を書いた人)鈴木 勉