30代後半は、男性にとってまさに人生の節目。
これからのライフプランや今後のキャリアを考慮して、転職を考える人も多いのではないでしょうか?

しかし、ネットを見れば「30代後半の転職は厳しい。」
30代後半の転職は収入が落ちる」と厳しい情報ばかり。
むむむっ、とっても不安ですね。でも、本当にそれは真実なのでしょうか?

いえいえ、ご安心下さい。情報の中には真実でないものも本当に多くあるんです。
ネットの情報は、他のサービスへの誘導を意図されていることもあり、詳しく調べずに書かれることも多いもの。

情報の精査を上手にするスキルが、転職をするときの武器にもつながります。
では30代後半男性の転職は、なにが真実なのか。どうキャリアを考えたらいいのでしょうか?

今後のキャリア形成に役立つ30代後半男性の転職におけるホントのところ」を、今回はお伝えしていきます。

転職に関する無料相談はこちらから

30代後半男性のキャリアを考えるための心構え

キャリアアップのためにチャレンジ

結論からお伝えすると、30代後半男性の転職や未経験職から新しいキャリアにチャレンジするのは、それほど難しいことではありません。

大切なのは、経験やキャリアの有無に関わらず、考え方を少し柔軟にすることです。
20代は目標を定めてバリバリ頑張り、理想を求めて仕事中心の生活だった人も多いハズ。

30代後半からのキャリアは、実現したい将来像に仕事をあわせる「ライフスタイル先行のキャリア形成」もいいかもしれません。
その、理由は2つです。

①20代に比べ、30代後半男性を求める企業が少ないのは事実。
しかし、求人が少ないだけで全く無いわけではないのも事実。
その為に、複数社へアプローチするなど、20代より行動量を上げる必要があるから。

②年金支給年齢も引き上げられ、生涯働く可能性もある世代。
仕事にあわせた生活から、生活にあわせた仕事を選ぶことも選択肢の1つ。
健康的に、長く有意義に働き続けることが社会や自分のためにもなるからです。

30代後半のキャリアは厳しい!」という情報を聞くと不安になってしまいますが、求人が少なくなるのは現実、その片方で求めている企業があるのも同じく現実なのです。
それは未経験からのチャレンジでも、それほど大きな実績のない場合でも同じことです。

希望する条件や待遇は緩やかにもって、キャリア構築の軸をブラさずに活動を行えば、きっとキャリアチェンジの成功を感じられるハズです。

また、長く働き続けることを意識したキャリアを考えていくことも必要です。
なかなか決まらない時は焦るものですが、行動を続けていれば焦ることはありません。
自分の価値観に合う企業と出会えば、想いは意気込みとなって企業に伝わります。
お互いに想いを持って尊重しあえる企業であれば、充実した仕事を長くすることができるでしょう。

年齢や経験は誰が決めた基準?30代後半男性の可能性の捉え方

基準はどこにある?

将来のキャリアや生活に不安になる時は、視点が近く固くなっていることが多いものです。
30代後半男性のキャリア構築は不安になりがち、自分の可能性をもう一度見直すことも効果的なんです。

自分の可能性を客観的にみるためには、他の業界や興味のある分野の人を参考にするのがお薦め。
例えば「30代後半で誰かの役に立てるのか?」、「誰に求められているのか?」と思っている場合は、お笑い芸人さんやスポーツ選手などを思い浮かべて下さい。

お笑い芸人さんは、テレビで若手といわれている人気芸人でも、30代後半以降の人が少なくありません。
先日開催されたM1グランプリも、決勝進出コンビは、30代以上がほとんどでした。パンツ一丁で元気にネタをするスタイルや、テレビにはあまり出ずに地方営業をまわり続ける芸人さんも少なくありません。

スポーツ選手なら、カズこと三浦知良選手です。
レジェンドといわれる彼でも、すでに50歳を越える現役Jリーガー。
パワーやスピードは若い選手の方があるはずですが、なぜ一線に居られるのでしょうか。

サッカー選手や野球選手の移籍も、冷静に考えてみると転職と同じ。
芸人さんなんて売れなければ生活できない、まさに自営業そのものです。

そんな厳しい世界の中で一線で活躍し続けられるのは、お笑い芸人さんも、三浦知良選手も、不要なプライドは手放し、自分ができることを一所懸命やっているからではないでしょうか。

お笑い芸人さんはお客様を笑わせるために、不安と戦いながら一所懸命考え自分なりの方法で笑いをとり、三浦選手も落ちた体力を受け入れて、2部リーグからプレーし、プレー以外でも若手教育や組織形成に貢献し続けていますよね。

このように自分以外の業界で頑張る人をみれば、自分も頑張る気持ちがわいてくるものです。
私は毎年M1グランプリを観るたびに腹を抱えて笑い、彼らのひたむきな姿を観て励まされます。今年のM1グランプリはレベルが高かったですね。

「今後のチャレンジに不安がある人」や「自分に自信がない人」には、和田京子さんのエピソ―ドがお薦めです。
何歳からでも成長できることを実感させられます。

和田さんは一度も働いたことのない専業主婦。
77歳で趣味がてら始めた不動産の勉強で、資格取得を目指し始めました。そして79歳で宅建を取得し、80歳で起業。
今では年商5億の不動産会社社長です。

人間の可能性って素晴らしいですよね。
和田さんもずっと主人の介護をしていた普通の主婦なんです。想いと行動力があれば、いくつになっても輝ける場所はあるという実例ではないでしょうか。

このような話を聞くと、30代後半なんてまだまだ若いと感じます。
経験が未熟なことや実績が少ないことは、大きな視野で見れば意外と小さなことかもしれませんね。

自分の可能性と年齢に対する考え方を見直してみると、前に進むための力となるはずです。

30代後半男性のキャリアや転職の助けになるもの

キャリアサポート

転職やキャリア構築を理想のモノにするには、ツールや周りの助けも上手に活用したいもの。

基本的に仕事を探す場合は、求人サイトやハローワークなど求人情報から探すか、人材紹介会社やエージェントなどを活用するために、人材紹介会社などにエントリーするかのどちらかになります。

自分の特性や状況に合わせ、上手に助けを得るのもキャリア構築のポイントといえます。

<求人情報から探す場合>

求人情報から探す際は、それぞれの求人サイトが設定するターゲットや強みを把握するのがお薦め。
大手求人サイトなら幅広い年齢層に向けた案件が多いため、特に都市圏での転職を考える場合は上手く使えばメリットがあります。

ハローワークなら地方でも求人は多くありますが、条件が低い求人がある特徴があります。
失業給付を受けながらであれば探しやすいメリットはありますが、他の情報も利用しながら複合的に利用した方が間違いはないでしょう。

<人材紹介会社やエージェントを利用する場合>

転職に不安がある方や転職回数が少ない方、面接に苦手意識がある方などは、人材紹介会社やエージェントサービスを利用するのもお薦めです。

就職・転職支援が専門のキャリアコンサルタントが提供するサービスなので、企業との間に入って転職をトータルにサポートしてもらえるのがメリットです。
転職回数が少ない人や面接が苦手な人も、希望の企業を意識した面接アドバイスを受けたり面接練習を行うことができるため、自信を持って活動を進めることができます。

また、希望するキャリアや目標の企業が無い人なら、キャリアコンサルティングをしてもらうことで、目標企業や今後のキャリアについて相談することもできます。
自分が把握していない能力やスキルを活かせる仕事や企業をアドバイスしてもらえるので、いろいろ迷いが多い人も上手く活用するとメリットがあります。

まとめ

30代後半の男性において、キャリアを決定していくのは心持ちと柔軟な対応が大切なのかもしれませんね。人生80年としてもまだまだ半分、学び続けて面白く仕事ができるのが一番といえそうです。

弱気になったときは、他の業界で活躍する先人を見習って前を向き、辛かったり不安な時は、友人や専門機関の助けを借りながら、自分のペースで進んでいけばいいんです。かがわキャリアポストに相談をいただいた場合も、しっかりとサポートさせていただきます。

これからの人生がより充実していくことに期待して、30代後半からのキャリアを地道に創り上げていきましょう!

(この記事を執筆・編集した人)
スペイン商事さん、鈴木 勉 2019/12/27

転職に関する無料相談はこちらから