30代後半の男性は、キャリアプランやライフスタイルを変える人も少なくありません。

しかし、「転職して満足する人」と「不満が増幅する人」がいるのが現実。
将来を変えるこの違いは、どんなポイントが分かれ目なのでしょうか?

私自身も関西都市圏にて、大手企業を中心に複数回転職してきましたが、30代後半以降のキャリアを、満足いくものにする男性の特徴は、「自分の人生を生きていること」が共通点だと感じます。

特に周りを気遣って本音を言い出せない優しい性格の人や、自分には特に長所がないと感じている人は、この様な生き方や考え方もあると分かれば、今後に生かすことができるかもしれません。

30代後半のキャリアプランを変える時は、新しい考え方を導入するチャンス。今回は「キャリアをより素晴らしいものにするために行いたいこと」を30代後半の男性に向けてお伝えしていきます。

企業のリアルな姿が見えない求人情報ばかりを見て疲れていませんか?他社とは一味違う、かがわキャリアポストについては、こちらをご覧下さい。

不要なプライドは手放し、与えられた役割に力を注ぐ

丁寧な年配男性

30代後半に限らずですが、転職をする場合は不要なプライドは必要ありません。前職の役割や年齢にとらわれていると、自分のキャリアの障壁になることも、かなり多くあります。

「私にはそんな業務できません」
「年下のくせに偉そうに」
「経験は俺の方が長いから」

ひと昔前だと言っている人も多く見かけたこれらのセリフが、不要なプライドの象徴です。
法や倫理に反する業務であれば、拒否する必要もありますが、不要なプライドを前提とした拒否は、組織としては機能させづらい人材です。年齢や経験を引きずっている人と同様、周囲から頼られることも少なくなるはずですよね。

一方、私が出会った先輩で非常に印象に残っている見習いたい例もあります。
大手メーカーで一緒に勤務した、60代の男性。退職後の再雇用として勤務されていた、穏やかかつ貫禄のある人でした。

その人はいつも低姿勢で、先に業務に就いていた当時30代の私にも敬語で話してくれるほど。質問に答えたことも素直に受け取り、ノートにきちんとメモをする姿が印象的でした。
興味を持った私はある日、「なぜ年下の自分に、そんなに丁寧に対応してくれるんですか?」と聞いてみたのです。

「初めて経験する仕事は、いつでも新人。教えてもらうので、当然の対応ですよ」と答え、「姿勢一つで、教えてもらえないことがあると、自分の成長にもならないですもんね」と微笑んでいました。「親切に教えてもらってるからですよ」と冗談も添えて。

仲良くなったときに退職前の役職を聞くと、企業内でも主要組織の拠点長だった人でした。キャリアを自分で積み上げる人は、考え方が合理的だと非常に感銘を受けた出来事でした。
不要なプライドを捨て、与えられた役割を全うすることが、先のキャリアをより良いものにするのだと本当に感じさせられたものです。

キャリア=役職が上がることだけではありませんし、人格が立派な人が偉くなるとも限りません。だからこそ、学ぶべき人物の振る舞いは、積極的に吸収することが大切です。

ロールモデルを見つける

参考にしたい人

気持ちが折れやすい人ややる気が起きない人、頑張る目標が欲しい人は、社内や社外のロールモデルを見つけることがお薦めです。

ロールモデルは簡単にいえば、目標にしたい人物や見本となる人物のこと。
同じ業務で結果を出している人や、人間的に尊敬できる人などを目標とするのです。ロールモデルの真似をしたり、考え方を吸収することで、自分一人では耐えられない状況でも前に進める場合もあります。

人間一人では、誰でも意外と弱いものです。
苦しい時にあの人ならどう考えるのか、この状況をどう乗り切るのかを考えることで、支えになることも少なくありません。私が仕事を通して見てきたトップ営業や成果の高い仕事ができる人は、ほとんどの場合、社内や社外にロールモデルを設定し、近づくために日々学んでいたように思います。

身近に存在する人物なら、考え方や仕事への向き合い方を聞いて取り入れるのもお薦め。業務上で成果を上げている人なら、日々の行動スケジュールを真似するのも効果的です。

社内や社外で見当たらない方は、有名人や著名人でも構いません。
スポーツ選手が頑張る姿をみて自分も落ち込まないで頑張ろうと思えたり、大好きなミュージシャンの作品や生き様が、日々の活力になることも少なくありません。
必ず設定する必要はありませんが、刺激ややる気の源となる人物を見つけることは、仕事以外の人生にも役に立つスキルだといえます。

長期的に意識し続けることで、自分自身を大きく目標に近づけることができるでしょう。

チャレンジしてみる

挑戦する

30代後半男性キャリア構築のために意識したいこと、3番目はチャレンジすることです。
それは、ちょっと自分では難しいと思える仕事を志望してみたり、新しく仕事とは別に勉強してみることなど、幅広いチャレンジを指します。

30代後半男性が転職を考える場合は、「受け入れてもらえるか」、「やっていけるか」、「失敗しないか」に意識が行きがちですが、積極的にチャレンジすると成果も出やすくなるのです。

私が一緒に働いた同僚の例では
通常の業務を行いながら、週末はビジネススクールに通っていた人
働きながら次のキャリアに向けて、資格取得を進めていた人
勤務後にバンド活動やダンススクールに通う人
仕事以外の事でも積極的にチャレンジするタイプの人は、実績も高いのが特徴でした。

大切なのは実績が高い人間だけが、通常業務以外のことをチャレンジしている訳ではなく、興味があることに素直にチャレンジできる人材は、実績が高い傾向にあるということ。次のキャリアで活用できる資格や能力の取得はもちろん、趣味でも良いと思います。

自分の好きなことや、成長する意識に触れる習慣を継続することで、気づかないうちに大きな成長をしているもの。社外の人間関係も構築でき、気分転換はもちろん、様々な刺激を受けることもチャレンジするメリットといえます。

また、転職するときや社内での業務についても同じことが言えます。
「あ、今の自分にできるかな?でもやってみたい。」そんな気持ちを感じたら、チャレンジしてみる時なのです。

経験を積んだ30代後半は、その経験の分だけ失敗のイメージも残っています。
失敗した時のことや、チャレンジしなかった時の現状を想像すると、好奇心の気持ちを殺してしまう人も少なくありません。

しかし、結論からいうとやりたいと思ったことはできるのです。
自分一人の力で成し遂げられる場合もありますが、周囲に協力を募って成功に導く。協力しあったり、試行錯誤する能力を身につけながら進めなければならないので、成長できることはもちろん、大きな達成感や遣り甲斐を感じることもできます。

ポイントは面白がってチャレンジすること。
できる人だからやりたいと思うのです。自分の力を信じて、ぜひ小さい挑戦からでも始めてみて下さい。

当事者である自覚をもつこと

主人公になる。

自分の人生や関わる業務において当事者であることで視点が変わります。
当事者意識とは、「自分が主役であり、積極的に関わる気持ちを持つ」ということ。自分の仕事や人生を他人任せではなく、主役であることを意識することが大切です。

これは、私の前職である大手広告代理店でも良く使われた言葉です。
クライアントに関わる仕事に対しても、組織に対しても当事者意識を求められました。当時はあまり好きではない言葉でしたが、確かに社会人としての意識を少し上げてくれる言葉ですのでシェアします。

例えばクライアントに対する仕事でも、当事者意識を忘れると一瞬で他人ごとになります。「仕方がない」、「先方が悪い」、「とりあえず納品すればいい」たちまち他人を責めて、仕事がいい加減になってしまうのです。

ところが、業務に関わっている意識を変え、クライアントの仲間である意識を持つと、「~は大丈夫ですか」「~してみませんか」「~しておいた方が良いです」のような、相手の視点に立った前向きな提案の言葉が生み出されるのです。

自分ごととして仕事に関わる姿勢をみれば、クライアントも信頼を置きたくなるものです。もちろん、社内の関係や組織内の活動も当事者意識を持つことで、同様に評価を上げるだけでなく、しっかりとした成果を上げることができるはずです。

これは、自分自身の人生にも同じことが言えます。
自分の人生は自分が動かしているという意識を持ち、人生の主人公として行動することこそ、30代後半男性がキャリアのためにやっておきたい最も大切なことといえるのです。

まとめ

今回は、30代後半男性に向け、キャリアをより良いものにするために行いたいことをシェアしました。

社会の仕組みや働き方も変わりやすい現代社会では、先のことが分かりづらいものです。そのため、以前のように闇雲に成長する思考だけでなく、自分軸をもっていろいろなことに挑戦しながら仕事を進める思考も携えておくことが大切だと感じます。

ぜひ、謙虚な姿勢を忘れず勇気をもって挑戦しながら、目標とするキャリアを実現していって下さい。

企業のリアルな姿が見えない求人情報ばかりを見て疲れていませんか?他社とは一味違う、かがわキャリアポストについては、こちらをご覧下さい。

(この記事を執筆・編集した人)スペイン商事さん、鈴木 勉