退職願退職届って、どうやって書いたらいいの?」
「私が書くべきなのは、退職願?退職届?それとも辞表?」とお困りのあなたへ。

今回は退職願退職届の正しい書き方についてご紹介します。
今までお世話になった会社を円満退社するためには、最後までしっかりとマナーを守ることが大切です。
混同しやすい「退職願・退職届・辞表」の違いや、いつまでに誰に渡せばいいのかということ、用意するべきものについて詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

転職に関する無料相談はこちらから

「退職願・退職届・辞表」それぞれの違い

退職願・退職届・辞表の違い

退職願、退職届、辞表は同じものだと思われることが多いのですが、実はそれぞれ用途が異なります。

一般的に、退職願「退職の希望を表明するとき」に使用するもの
退職届「退職の意思を表明するとき」に使用するものとされています。

そのため、退職願は「提出した時点で即退職」とはならず、相手が承諾するまでは取り下げることも可能です。
一方、退職届は退職願よりも強く退職の意思を表していると解釈されるため、受理された時点で退職が決定し、後から取り下げることはできない場合が多いとされています。

また辞表は、役員や公務員が「辞意を表明するとき」に使用するものです。
間違って普通の社員が「辞表」と書いてしまうと、恥ずかしい思いをすることもあるので気を付けましょう。

退職願・退職届は、いつ、だれに提出すれば良いのか

退職願・退職届は、いつ、だれに提出すれば良いのか

退出願退職届は、正式な退職日が決まってから、あなたが所属する部署の直属の上司に提出しましょう。
一般的には、まず直属の上司に退職の意思を伝え、承認が得られたら具体的に何月何日に退職するのかを話し合い、退職願退職届を提出するという流れになります。

退職願退職届をいつまでに提出すれば良いのかということや、退職が確定するまでのステップなどを直属の上司にしっかり確認しておくとスムーズです。
また、直属の上司を介さず、他部署の上司や、人事部、トップに直接退職の意思を伝えてしまうと角が立つので注意が必要です。

退職願・退職届を書くときに用意するもの

退職届・退職願を書くときに用意するもの

次に、退職願退職届を書くときに用意するものをご紹介します。
会社によっては独自のフォーマットやテンプレートが用意されている場合があるので、事前に上司に確認しておくと安心です。
特に会社で決まったものがなければ、下記の3つを用意しましょう。

①用紙(便箋)

退職願退職届を書くための用紙は、白色で柄が入っていないものを用意しましょう。罫線の有無はどちらでも構いません。

また、退職願退職届「手書き・縦書き」が一般的です。
なかなか普段、縦書きの文章を書く機会も少なくなっているので、書き損じも多いかもしれません。枚数に余裕を持って便箋を用意しておくと良いでしょう。

②封筒(白色の無地)

退職願退職届を入れるための封筒は「白色」を選びましょう。
直接手渡しするため、郵送用の赤枠(〒□□□―□□□□)が書かれていない「無地」のタイプがより適しています。
できれば、内側に紫色の紙などが貼られている「二重構造」の封筒がベストです。クラフト紙でできた「茶封筒」は白色の封筒に比べて安く手に入りますが、退職願退職届には適していません。

また、退職願退職届「三つ折り」にして封入するのが一般的なので、封筒のサイズは、使用する用紙の横幅(短辺)に合うものを用意しましょう。

③ペン(ボールペン、万年筆など)

退職願退職届を書くときのペンは、黒色のボールペンか万年筆が良いでしょう。フリクションなど、消せるタイプのボールペンはNGです。

また、途中でインクがなくなってしまうと継ぎ目が不自然になってしまうため、インクの残量を確認してから書き始めるようにしてください。

退職願・退職届の書き方

退職願・退職届の書き方

【本文】

1 便箋の一番右側、中央に「退職願」もしくは「退職届」と表題を書きます。
2 表題から1行あけ、下の方に「私事」または「私儀」と添えます。
※「私の個人的なことで恐縮ですが」という謙虚な気持ちを表しています。
3 退職願の場合は「この度、一身上の都合により、令和○○年○月○日付をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。」と書きます。
退職届の場合は「この度、一身上の都合により、勝手ながら、令和○○年○月○日付をもって退職いたします。」と書きましょう。

退職願退職届、どちらであっても詳しい退職理由を書く必要はありません。どんな理由であろうと「一身上の都合により」と書くのが一般的です。
「令和○○年○月○日付をもって」の日付は、上司と相談して決まった正式な退職日を記載します。

4 「3」より少し下がった位置に、提出年月日を和暦(令和〇〇年)で記載します。
5 所属部署、所属課、自分の氏名を記載し、押印します。三文判でも問題ありませんが、シャチハタは避けましょう。
6 会社の正式名称と社長の氏名を記載します。社長の敬称は「殿」、または「様」を用いてください。

履歴書などと同じく、修正液や修正テープの使用は厳禁です。誤字脱字があった場合は、少し手間でも新しい用紙に書き直すようにしましょう。

【封筒】

封筒の表面には、中央より少し上のあたりに「退職願」もしくは「退職届」と表題だけ書きます。
裏面には左下に、あなたの所属部署、所属課、氏名を書きます。宛名は特に必要ありません。

手渡しなので封筒の封はしなくても構いませんが、封筒にあらかじめシールがついている場合は、封をしたほうが見栄えが良くなります。もし封をする場合は、封を締めた後に「〆」の印を書きましょう。「×」印ではありませんので注意してください。

まとめ

今回は、退職願退職届の正しい書き方についてご紹介しました。

退職願退職届では、個性を出すことは求められていません。
一般的な白い封筒、白い便箋、黒インクのボールペンか万年筆を用いて、必要な情報をもれなく記載すれば大丈夫です。
また、手書きの字に自信がない人でも、丁寧に書くことを心掛ければ問題ありません。適当に書いた字と、そうでない字は、見る人に伝わるものです。
円満退社を目指して、コツコツ着実に準備を進めていきましょう。

この記事を執筆・編集した人
(福山結衣子さん鈴木勉 2020/5/1)

転職に関する無料相談はこちらから