身だしなみの3大原則は
①色
②サイズ感
③清潔感です。

ビジネスシーンでは、身だしなみを整えることが最低限のマナーだと言われます。これは、就職・転職活動でも同じです。
注意をしなければならない理由は、第一印象に大きく影響を与えてしまうからです。

就職・転職活動で面接などを受ける企業の人は、基本的に初めてお会いする人ばかりです。メラビアンの法則というものがありますが、人の第一印象は見た目の影響が大半を占めるそうです。

おしゃれは、自分が楽しむもの。
身だしなみは、相手に不快感を与えないために自分の身なりを整えるもの。

自分が好印象を持たれると自分に自信がつきますし、自信がつくことで自分が成長していくことにもつながっていきます。

企業のリアルな姿が見えない求人情報ばかりを見て疲れていませんか?他社とは一味違う、かがわキャリアポストについては、こちらをご覧下さい。

男性用スーツの注意点

男性用スーツ

就職・転職活動の身だしなみで、一番目立つのはスーツです。
ポイントは
・色
・サイズ感
・着こなしです。
色は濃紺かチャコールグレーが、どのような業種、職種の採用試験を受験する時も無難でしょう。

結構、見過ごしがちなのはサイズ感です。スーツを着ることに慣れているかどうかも影響しますが、着こなしに大きく影響するのはサイズ感です。これは難しく考えたりめんどうに考えたりせずに、スーツ専門店の販売員さんのアドバイスを頼りにしましょう。

スーツでも、S、M、Lなどのサイズで販売されている物がありますが、これはサイズ感が悪くなる可能性が高いです。大まかなサイズ取りになっているので、肩幅を合わすと袖丈が合わない、着丈を合わすと胸周りが合わない、といったことが発生しやすいからです。

無難なのは、スーツ専門店で購入することです。スーツ専門店では、かなり細かくサイズ設定をしています。スーツ専門店で販売員さんからアドバイスをもらい、色やサイズを決定するほうが無難で楽です。また、ポケットなどが使いやすい、伸縮性が高い、夏場に暑さを和らげる、洗えるスーツなど、スーツ専門店のスーツは機能性の高い物も多いです。

普段スーツを着ない人でも、きちんとサイズ感が合ったスーツを着れば、それほど不自然さは感じません。安心して下さい。

着こなしの良い男性用スーツ

実際に着るときの注意点で大切なのは、ジャケットの背中のシワ、パンツの折り目の入り方です。これらも着こなしに影響します。
ジャケットを着たまま電車や車の座席に座るなどをしてしまうと、どうしても背中にシワが入ってしまいます。雨の日などにスーツを着てパンツが濡れてしまうと、パンツの折り目が取れてしまうことがあります。とはいえ最近のスーツは、折り目が取れにくい加工をしている物もあるので、少々のことでは大丈夫です。

・ジャケットの背中がシワシワ
・パンツの折り目が取れてダボダボ
・ひざが出てしまってクタクタ
であると、どうしても印象は悪くなってしまいます。

せっかく色やサイズ感に問題が無くても、全てを台無しにしてしまう可能性もあるので、特に注意をして下さい。

背中のシワの対策方法としては
・乗り物に乗る時はジャケットを脱ぐ
・家に帰るとしっかりしたハンガーに掛けてシワを伸ばす(きちんとつるしておけば、ある程度シワは取れます。)
・出掛ける前に確認をして上着の後ろにシワが入っている、パンツの折りが取れている状態であれば、軽くアイロン掛けをする。
などがあります。
スーツは一日着ると一日は休ませるほうが良いので、出来れば数着持っていたほうが良いでしょう。

話は少し変わりますが、夏場の暑いときでもジャケットは着用します。近年は、クールビズがかなり浸透してきていますが、ビジネスシーンでも営業マンがお客様を訪問するときはジャケットを着用するのが一般的ですので、就職・転職活動の場合も着用するのが一般的となっています。(企業から指示があった場合は別です。)

また、ジャケットやパンツのポケットにスマホ、財布などを入れないようにしましょう。
入れている本人は気が付いていないかもしれませんが、ポケットが膨れてしまいかなり野暮ったく見えます。

男性用ワイシャツの注意点

男性用ワイシャツ

スーツの次に目立つのは、ワイシャツです。
ポイントは
・色
・サイズ感
・清潔感です。
襟のスタイルは、レギュラーカラー、色は白無地がどのような業種、職種の採用試験を受験する時も無難です。

サイズ感で注意するところは、首回りの長さと袖丈です。
ワイシャツもS、M、Lなどのサイズで販売されている物がありますが、ビジネス専用ワイシャツを首回りと袖丈を測って購入した方が、見た目のサイズ感が良くなります。

スーツ専門店のワイシャツは、大抵、このサイズで販売しています。
S、M、Lなどのサイズで購入すると、首回りは合っていても袖が短い、などのことが発生します。。そうすると見た目の印象は悪いのです。

また、スーツ専門店のワイシャツは、形状記憶(家で洗濯しても、きちんとハンガーなどに掛けて干すとアイロン掛けが必要ないぐらいシワが伸びた状態で乾く)、吸水・速乾、防臭、保温性など多機能なワイシャツも多くこれらもとても便利です。値段も結構お手頃です。

注意が必要なのは、清潔感です。
よくあるのは、襟や袖口の汚れがあまり取れていないケースです。ひつこい汚れの場合は、クリーニングに出してもあまり取れていないことがあります。

また、ワイシャツを着るたびにクリーニングに出すのも、結構めんどうでしょう。先に書いたように最近のワイシャツは、形状記憶の機能がついた物が多いですから、家庭で洗濯して干してもシワシワのまま乾くということにはなりません。きちんと干せば、アイロン掛けも必要ない状態で乾きます。

襟や袖口の汚れの対策としては、洗濯機に入れる洗剤だけでなく、襟や袖口に直接つける洗剤を上手く活用すると良いです。
コンパクトで塗りやすい液体洗剤もあります。

・洗濯の前にそれを使って襟や袖口に塗る
・なじませるために少し時間をおく(数分ぐらいで大丈夫です)
・それから洗濯をする。
これで、汚れはかなり落ちます。

少々めんどうに感じるかもしれませんが、色や生地の柄やサイズが問題なくても、襟や袖口の汚れがひどければ全て台無しにしてしまう可能性もあるので、気を付けて下さい。

ネクタイなど小物の注意点

ネクタイとワイシャツ

ネクタイは、落ち着いた色、シンプルな柄の物が無難です。
シンプルな柄とは、ストライプ、水玉、チェックなどで、ネクタイ全体に柄が規則的に配置された柄です。

靴下は、色はスーツに合わせて紺かグレー系の物が無難です。白、柄物の靴下は厳禁です。近年はくるぶしまでの靴下が増えていますが、就職・転職活動のスーツに合わす靴下としてはおすすめできません。
立った状態でもパンツの裾からくるぶしが見えますし、イスに座るとすねの下部も見えてしまいます。感覚的なことではありますが、清潔感に欠ける様に見えます。

靴は、素材は革、色はスーツに合わせて黒か茶系が無難です。
デザイン的には、最もフォーマルなストレートチップがおすすめで、ローファーは厳禁です。サイズもきちんと合わせましょう。

靴は、手入れも大切です。
革の靴は、手入れをしないとだんだんと全体がくすんだ感じになり、見た目が悪くなります。手入れといってもそれほど手間が掛かるわけではありません。

最近は、便利な道具もいろいろあります。
普段の手入れには、楕円形のスポンジを利用します。革をきれいに見せる成分がスポンジに含まれており、出掛ける前に靴全体を軽く磨くだけで、一日ぐらいはきれいな状態を保てます。

靴手入れセット

それだけでは不十分ですから、1ヶ月に一度ぐらいは、ブラシや靴クリームを使って手入れをしましょう。
こちらも便利な道具があります。例えば、靴クリームではスティック型で先がスポンジになっており、靴にあててクルクルと回すと、先端のスポンジから靴クリームが出てくるタイプの物です。

・まずはブラシで靴全体の汚れを落とす。
・スティック型の靴クリームで、靴全体にクリームを塗る。
・乾いた布で拭きあげる。
これで完成です。15分もあれば十分にできます。

靴の手入れとして完璧とは言えませんが、普段の手入れとしては充分です。もちろん本格的な手入れをすることに越したことはありません。
また靴も、一日履けば一日休ませた方が良いので、できれば複数持っていたほうが良いでしょう。

まとめ

まとめますと、就職・転職活動での男性の身だしなみで大切なことは
①色
②サイズ感
③清潔感です。
色、デザインなどは、無難なものがやはり手堅いです。

理由は、就職・転職活動でお会いする企業の人は、基本的に初めてお会いする人がほとんどとなり、年齢層や考え方もいろいろな人がいるからです。年齢層や考え方が様々になってくると、当然、服装に関する感覚なども様々になってきます。相手のことをよく知らない初めてお会いする人に、少なくても悪印象を与えないようにすると、やはり無難な色、デザインの物が手堅くなります。

そして繰り返しになりますが、サイズ感は意外と重要です。
少しめんどうだなぁ、と思うかもしれませんが、ビジネス向けに作られた物でサイズをきちんと合わせて下さい。身体のサイズに合っていない物は、想像以上に見た目の印象が悪くなります。

好印象を与えるために一番大切なのは、やはり清潔感です。汚れ、シワ、パンツの折り目などに気を付けて下さい。

就職・転職活動の身だしなみマナーは、特に難しいことはありません。基本的なことを押さえるだけで充分です。
かなりの好印象を与える・・となれば簡単ではないですが、悪印象さえ与えなければ、まずは合格点なのです。

この記事を執筆・編集した人 鈴木 勉

企業のリアルな姿が見えない求人情報ばかりを見て疲れていませんか?他社とは一味違う、かがわキャリアポストについては、こちらをご覧下さい。