ミドルの転職において、面接を有利に進めるための方法をご存知でしょうか?

それは、面接や転職だけでなく、仕事や人間関係にも応用できる方法。物事を希望の方向へ進めるための、スキルの一つでもあるのです。

その方法とは「相手の目線に立って考えること」

ミドルである大人な皆さんなら、仕事に関わる中で何回も聞いた言葉であるハズです。
でも、意外とできていない人が多いのではないでしょうか。

この記事を読めば、相手目線に立つことの意味を改めて理解でき、その能力を活用し、面接を有利に進めるためのスキルを身につけることができます。

そして、企業がどんなミドルの転職者を求めているかを知ることで、面接の成功確率をグググっとUPできる内容となっています。
3分程度で読める内容ですので、ぜひご覧下さい。

転職に関する無料相談はこちらから

面接官の目線で考えるってどういうことだろう?

面接官の目線

相手目線で考えることは、仕事だけでなく人生の多くの場面で必要になります。
パートナーから「こっちの気持ちも考えてよ!」なんて言われたことがある人も、少なくないのではないでしょうか?

では、面接官目線で考えるって一体どういうことでしょうか?ちょっと難しいですが、頑張って言葉で整理してみましょう。

【面接官目線に立つうえで考えたいこと】

・面接官の立場
(仕事の役割として面接官をしている)
・面接官のミッション
(企業にマッチする人材を採用すること)
・面接官のパーソナリティー
(おだやか、せっかち、若い、年配である、性別、感情的、論理的)
・面接官のコンディション
(余裕がある、忙しそう、体調悪そう、元気そう)

考えすぎも逆効果ですので、このあたりにしておきましょう。

この項目をみて、どう感じるでしょうか?
「今まで意識したことなかったなあ」「え!そんなことまで考えてるの?」
そう思った人は、今回の内容で視点が少し変わり、面接すれば今までと違った展開が期待できます。

まず、面接官の立場や目線を考えるうえで具体的に行いたいのは、面接官を知ることです。
しかし、面接を受けに来ている訳ですから、自然に情報収集する程度でOK。意識しすぎて、面接官中心の受け答えになってしまうのは、NGといえます。

意識すれば、どんどん情報の吸収率も上がりますが、初めは少しずつやってみましょう。
例えば、面接官の話し方は速いでしょうか?遅いでしょうか?

相手となる面接官は、話す速度やテンポが合っていると必然的に好印象を抱くものです。
そのため、返答のときに少し意識して、面接官のテンポにあわせるだけでも効果的。
どんどん慣れてくれば、声の高さやトーンも工夫するとさらに効果を高められるのです。

「面接官の目線で考える」ファーストステップとなるのが、面接官が気持ち良く時間を過ごせること。その点を少し意識するだけで、面接官の印象は大きく変わるでしょう。

大切なことなので再度整理しますが、「面接官に媚びへつらう」ということではなく、「自分を効果的に伝える方法として、相手の立場に立つ」ことが大切です。無理せず、少しずつ試してみて下さい。

ミドルの転職において、考えたい面接官のミッションとは?

ミドルの転職とは?

さて、ファーストステップを覚えた人は、次のステップにチャレンジしましょう。

それは、「面接官のミッションについて考える」ことです。
これが理解できれば、面接官が知りたいことを伝えられ、面接での質問予測もしやすいので、面接を有利に進められます。

では早速ですが、多くの面接官が会社から与えられているミッションとは何でしょうか?
・「求職者が企業に良いイメージを持つように対応すること」
・「自社のことを、求職者にしっかり理解してもらうこと」
・「計画された採用人数を採用すること」

面接官も企業の一員ですので、たくさんのミッションがありますが、恐らく一番優先しているのは「自社で活躍していける人材を適切に選ぶこと」です。
そして、できれば長く勤務してくれ、自社を発展させてくれる人材を求めています。

面接官の立場であれば、例えば人材の選択ミスをした場合、現場から指摘があるでしょうまた、組織の発展が上手くいかない場合、その責任の一端を担うことがあるのも人事。
事業の発展の一つのカギを握るのが人事であるため、面接官も意外と余裕がないのです。

だから、結論を言えば「面接官が知りたいことを的確に伝える」ことが大切です。
恐らくミドルの転職者を面接する場合は、面接官は以下のようなポイントを気にするはずです。

【面接官が気にするポイント】

・信頼が置ける人物か
(前職での役割、転職歴、退職理由、返答のつじつまがあっているか)
・スキルは自社の力になるか
(前職での実績、スキルを活かせる分野)
・意欲はあるか
(入社動機、入社後のビジョン、仕事への想い)
・自社の風土にマッチするか
(人柄、価値観、特徴)

面接官によってポイントはもちろん異なりますが、以上が代表的な項目だといえます。
このポイントから総合的に判断し、「自社で活躍していける人材を適切に選ぶこと」こそ面接官のミッションなのです。

面接官の立場を考えた、返答のコツとは?

返答のコツ

面接官の立場や役割を考慮した上で、面接の回答や返答に活かしていきます。

「信頼が置ける人物であるか」と「自社の風土にマッチしているか」の項目については、自分を全力で伝えた上で、面接官が判断する内容ですので本来あまり工夫できないもの。
しかし、面接官の立場を考慮した答えを意識すれば、意外と効果的な返答も可能なのです。

例えば、退職理由を面接官が問うのは、退職理由を聞けば人間性も理解できるから。

さらに細かくみていくと、「急に辞めないか」「なぜ転職しようと思うのか」「自社で勤務して同じことにならないか」を確認したいということではないでしょうか。
ということは、そのポイントについて「大丈夫だ」ということを印象づければ良いのです。

「急に辞めないかな?」⇒【返答】⇒「あ、それなら大丈夫だな」
「自社で勤務して、辞めてしまわないか」⇒【返答】⇒「うちの企業なら大丈夫そうだな」
面接官が不安に思うことに対して、「大丈夫だな」と思ってもらえる返答を意識するだけで、大きく結果は変わります。

また、「意欲」や「企業の力になるか」という点についても、全く同じです。
大丈夫かな?と面接官は気にしている訳ですから、大丈夫であることをしっかりと印象づける回答をしましょう。

面接の前に想定質問を3つ程度考え、その質問に返答してみて下さい。
そして、返答した後に、次は面接官になった立場で、自分の回答を評価するのです。
評価した上で「大丈夫だ」という印象の返答であればOK。
「大丈夫かなぁ?」という印象になれば、回答の練り直しが必要です。

この様に自主練習をすることで、主観的な目と客観的な目を養えるので、失敗を恐れず、どんどん練習してみることがおススメです。

そして、なによりも前向きに、柔軟に考えることが大切です。
例えば企業の力になるほどのスキルが無くても、意欲が充分で素直であれば、多くの面接官は「大丈夫」という印象を持つはずですよね。

重要なのは「無いことを嘆く」のではなく「有るものを活かす」こと。

自分が持っているスキルや意欲を、人柄や個性で味付けして、面接官の好みに合いそうな雰囲気を提供することが、面接を上手くいかせるコツです。
なかなか難しいスキルかもしれませんが、気負わずに練習して下さい。

まとめ

今回は相手目線に立つことの意味と、その能力の活用方法を整理して参りました。
相手の立場を考慮した視点を養うことは、面接を有利に進めるためのスキルはもちろん、ビジネスや人間関係にも大いに役立てられるスキルです。

疎遠になった友人との関係が回復したり、機嫌の悪いパートナーが笑顔になるかもしれない、そんな素敵なスキルでもあります。

ミドルの転職成功はもちろん、豊かな生活にも役立つ視点です。
自分の頭の中でも練習ができますので、是非、身につけて下さい。

(この記事を執筆・編集した人)
スペイン商事さん、鈴木 勉 2020/4/17

転職に関する無料相談はこちらから