面接が終わった後、企業にお礼状は送るべき?
送るなら、どんな書き方をして、いつまでに送ればいいの?
そんな疑問をお持ちの人も多いのではないでしょうか。

今回は、お礼状・お礼メールは送るべきなのかということと、書き方や例文についてご紹介します。
ぜひ参考にして下さい。

面接後にお礼状やお礼メールは送るべき?

お礼状とお礼メール

結論から言うと、お礼状お礼メールは必ずしも送る必要はありません。

なぜなら、お礼状お礼メールを送ることで、必ずしも選考が有利になるわけではないからです。
とはいえ、面接官も人間ですから、お礼状を送ることで、面接官のあなたに対するイメージがよくなる可能性はあります。

そのため、志望度がとても高く「他のライバルと少しでも差をつけたい!」「面接では気持ちを伝えきれなかったから、あともう一押ししたい!」という場合には、お礼状お礼メールを送ってみるのも一つの手。

時間を割いてくれたことに対するお礼の気持ちと共に、あなたの志望度の高さをアピールしましょう。

お礼状とお礼メール、どっちがいいの?

お礼状とお礼メールどちらが良い?

今の時代は、郵送のお礼状よりもお礼メールが主流です。

メールの場合は、郵送にかかる時間が短縮されるため、すぐに確認してもらえるのが大きなメリットです。
ただし、「手書きの方が、心がこもっている感じがする」と思う人もいるでしょう。

その場合は、もちろん手書きでお礼状を書いてもかまいません。使い慣れたボールペンや万年筆を使って、丁寧に読みやすい字で書くことを心掛けましょう。
ただし、郵送の場合もスピーディーな対応が必要です。

面接が終わって何日も経ってからお礼状が届いても、ちょっと間の抜けた印象になってしまうからです。
郵送の場合は、なるべく面接の当日中にポストに投函できるように準備しましょう。

一次面接、二次面接と何度か面接がある場合、毎回送るべき?

何回送ればよいか?

面接は複数回おこなわれることが多いです。その場合、毎回送っても、もちろんOKです。
ただし注意してほしいのは、送る内容が毎回まったく同じものにならないようにすること。

この記事でもお礼メールの例文をご紹介しますが、それをそのままコピーして毎回使ってしまったら、ただの事務的なメールだと相手が感じてしまうからです。

たとえば、あなたが後輩と食事に行ったとして、その帰りに後輩から「今日はごちそうさまでした。またぜひ、ご一緒させて下さい。」とメールが送られてきたとしたら、1回目は「嬉しい。」とか「礼儀正しい子だな。」と感じるかもしれません。

ですが、2回目、3回目もまったく同じ内容のメールが来たら・・・どうでしょう?
なんだか「事務的に送っているだけ?」という感じがしませんか?

この内容に少しでも「今日のお店、〇〇の料理が最高でしたね。」とか、「今日アドバイスいただいた△△の件、早速、明日から実践してみようと思います。」など、その日ならではの話題に触れていると、印象がまったく変わってくるはずです。

要は、お礼メールはこれと同じようなもの。
面接ごとに自分が感じたことを少し添えるだけでも読み手の印象は変わります。

お礼状お礼メールは、事務的にやるのであればあまり意味がありません。きちんと目的意識を持って、取り組んで下さい。

お礼状やお礼メールを送るタイミングは?

送るタイミングはいつがよいか?

先ほど少し触れましたが、お礼状お礼メールはスピーディーな対応が命。
そのため、なるべく面接を受けた当日中、遅くとも翌日には送るようにして下さい。

メールの場合は、送信時間が記載されるため、送る時間帯が深夜になってしまう場合は、翌朝送った方が良いでしょう。面接官によっては「こんな夜中まで起きているのか」とマイナスイメージを持つ可能性があるからです。

せっかく送るのにマイナスイメージになってしまったらもったいないですよね。細かな点にも気を配って、イメージアップを目指しましょう。

お礼状やお礼メールには、どんな内容を書けばいいの?

内容はどうすればよいか?

お礼状お礼メールの内容としては
「面接の時間をいただいたことへの感謝の気持ち・お礼」
「面接の感想・反省点」
「意欲アピール」
を書くことが大切です。

書くときの注意点としては、だらだらと長い文章にしないということ。

面接官は忙しい場合が多いので、なるべく時間を奪わないようにする配慮が必要です。要点をおさえて、あなたの気持ちが簡潔に伝えられるお礼状・お礼メールを作りましょう。

面接のお礼メールの書き方

いま、主流になっているお礼メールの一般的な書き方についてご紹介します。

まず、件名は一目見てあなたからのお礼メールだと理解できるものがベスト。

そのため、シンプルに
「【面接のお礼】〇〇 〇〇(あなたのフルネーム)」
とするのがオススメです。

逆に「本日の面接の件」、「本日はありがとうございました」、「〇〇 〇〇(あなたの名前)です」など、パッと見て要件が解らない件名はNG!です。

また、手紙と違ってメールの場合は、「拝啓、前略、季節のあいさつ、敬具」などは必要ありません。
シンプルに、相手の企業名、所属、役職、面接官の名前を書いた後に、自分のことを名乗り、面接のお礼、感想、反省、意欲アピール、結びの文、という流れで作成すれば大丈夫です。

スマホから送信すると、パソコンから見た時に改行がずれてしまうことがあるので、できればパソコンで作成することをおすすめします。

お礼メールの例文

株式会社〇〇〇〇〇〇
人事部 課長
〇〇 〇〇様

お世話になっております。
本日、面接をしていただきました△△ △△(あなたのフルネーム)です。
本日はお忙しいなか、面接の機会をいただきまして、まことにありがとうございました。

〇〇様のお話を伺い、貴社の今後の経営ビジョンや、活躍するために必要なスキルについて理解でき、改めて貴社の一員として働きたいという思いが強くなりました。
面接ではお伝えすることができませんでしたが、これまでに培ってきた●●●のスキルや知識は、貴社でもお役に立てると考えております。

取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールさせていただきました。
ご多忙かと存じますので、ご返信には及びません。
末筆ながら、貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

(署名)
名前:△△ △△
メールアドレス:〇〇〇〇〇@□□□.ne.jp
電話番号:090-1111-〇〇〇〇

まとめ

今回は、お礼状・お礼メールは送るべきなのかということと、書き方や例文についてご紹介しました。

お礼状お礼メールを送ることで、面接の結果が劇的に変わるわけではありませんが、あなたの熱意が伝わって印象が良くなることはあります。
最善を尽くして、面接結果を待ちましょう!

この記事を執筆・編集した人
(福山結衣子さん鈴木勉 2020/4/14)

就・転職に関する無料相談はこちらから