巷には、いろいろな面接ノウハウがあふれています。ただ、面接合格テクニックばかり気にしていると、ちょっと息苦しくなりませんか?
そんなことばかりに目を奪われていると、”キュークツ”なり本来の自分の魅力が出せなくなってしまいます。

ときには、視点を変えることも大切です!
今回は、面接で上手くいく方法を真面目に考えるあなたに向けて、最近増えてきたユニークな面接方法を、いくつかご紹介していきます。

ユニークな面接方法から企業の意図を探ると、求める人材の傾向が見えてくる。」
そんな内容で進めていきます。ゆったりした気分で、ご覧下さい。

履歴書不要の面接

履歴書

近年は少子高齢化の傾向が強くなり、街のお店も企業も人財難で苦しんでいます。
そのため、街のお店や飲食店のアルバイト募集は「履歴書不要」面接も、5年程前からかなり多くなってきています。

アルバイトの場合は、履歴書の手間を嫌がる学生やフリーターが募集の中心。
面倒な履歴書持参を不要にすることで、お店側は簡単に応募ができることをメリットにして、人財を集めるための手段として行っているのです。

アルバイト募集で多くみられる「履歴書不要」の面接方式は、実は中途や新卒の社員採用でも行っている企業があるのです。以前は人材系の企業で行われていた手法ですが、現在はベンチャー企業を中心に広がりを見せています。

「履歴書不要」で募集を行う企業の場合は、「学歴不問」や「全員面接」を掲げ、コミュニケーションを通してわかる「人柄」を重視した採用を行う傾向があります。

つまり、少々知識が無くてもしっかり会話ができて実直な人財を採用し、入社後の研修や現場経験を通してじっくり育てる方が、組織の戦力とする上で効果的であると企業は考えているのです。

こういった募集をする仕事の特徴としては、行動力ベースの仕事が比較的多いです。
例えば、多くの訪問活動を必要とする営業など、ある程度の行動を行うことで、一定の成果が見込める仕事である傾向があります。

働く側にとっては、未経験から挑戦できるものも多く、入社も比較的容易です。
しかし、単純な行動が重要とされる場合も多いので、仕事にやりがいを感じにくい人もいるかもしれません。

この様なケースの募集では、ハングリーに頑張る、考え過ぎずに意欲を行動に変えられる人財を、必要としているといえるでしょう。

申込金を必要とする面接方法を採用する企業

申込金

「履歴書不要」の企業とは逆に、面接時のハードルをあえてあげる企業もあります。

例としては、面接を受けるための申込金を支払うことが条件とされている方法です。
比較的少ないケースですが、WEBコンテンツの企業で採り入れられていた面接方法なのです。

人財難の近年にあって、あえて求職者にとって面倒な方式を取り入れることで、企業側としては、意欲や想いを事前に行動で判断し、選定の手間を省いているのです。
面接時の申込金額は約5千円程ですが、確かに手間を考えると意欲無しでは行動しずらいものですよね。

申込金を支払う以外にも、あえてハードルを設ける手法は存在します。

例えば、「テーマに沿った論文提出」や「新商品のアイデアを用意すること」など、該当企業の面接を受けるにあたり、意欲を行動で示せるかを試す方法が採用されています。

こういった面接方法を採り入れる企業の特徴は、大手で入社希望者が多い企業です。
企業の知名度などにより、なんとなく面接を受ける志望者まで含めると、選定に大きな手間が必要になります。

このような募集をする企業の狙いとしては、スキルや経歴はもちろんですが、「意欲」や「想い」までを必要な募集条件とすることで、長く意欲を持って働くことができる、意識の高い人財を確保することと言えます。

   

求職者としても、不要な選考や面接が減るメリットがあります。
しかし、スキルや経歴にあわせ、「意欲」や「想い」を求められる面接は、競争率も非常に高くなるでしょう。

企業が長く働いてくれる人財を求めている場合は、誠実さや人柄で差別化も図ることもできます。
他の求職者にはない強みを、十分にアピールすることが必要になる面接方法といえます。

オンラインのみの面接方法を採用する企業

オンライン面接

WEB、IT企業を中心に増えてきているのがオンライン選考です。

SkypeやZoomなどといったWEB会議ツールを活用し、自宅や遠隔地のPCにて、企業との面接を行う選考方法です。

働き方改革や働く人の多様化に伴い、リモートワークを推奨する企業も増えています。
特に東京都心部では、オリンピック開催などで出勤の手間やリスクがあると予想され、遠隔業務=リモートワークを導入する企業も増えてきているのです。

そういった影響もあるなかで、企業に訪問する手間やコストを省く観点からも、WEB会議ツールなどを利用して、面接や選考を実施しているのです。
今後も増えていく面接方法だと考えられますので、注意をしておくといいかもしれません。

では、オンライン選考をする企業はどんな人財が欲しいのでしょうか?

ITやWEB関連の企業が採用していることからも分かる通り、まずはWEBやシステムに対して、苦手意識や先入観がないかをみています。
ITサービスやシステムを開発・販売していく役割を担う場合は特に、普段から、WEBと密着した生活をしていることが条件の1つです。

また、海外や遠隔地の求職者を選考できるので、優秀な人財を取り込む狙いもあります。
近年では学生で起業していたり、会社員が副業をもっていることも少なくない時代となりました。

特にWEBを使用したビジネスに関わっている人財は、場所を問わず仕事を進められるため、日本に居続ける必要がありません。そのような理由もあり、一部企業ではオンラインで完結する選考を進めているのです。

仕事上でもテレビ会議システムを使用して、商談や会議を行うことも増えてきました。
面接はもちろん、今後の仕事でも使用頻度が高くなることが予想されるシステムですので、他人ごとではなく、知識として持っておくと役に立つはずです。

面接方法からみる求められている人材と、私達ができること。

意欲のある人達

ユニークな面接、選考方法を採用する事例をみてきましたが、採用方法からわかる企業が求める人財の特徴は、つかめたでしょうか?

企業が求める人財は、求人の詳細をみれば企業や業種ごとに全く違いますが、必要とされている人財の共通点もあります。

具体的には
「コミュニケーション能力」
「想いや意欲」があることです。

コミュニケーション能力の求められるレベルは、企業によって変わりますが、基本的には「問われたこと」に対して「率直に答える」ことができれば問題ありません。

面接で上手くいかない人の特徴で多くあるのは、質問とは関係ないことを回答する人です。
ビジネスは結論ファーストです、まずは問われたことの答え、ポイントを回答し、「理由としては~」のように続けていくと、面接官にとって分かり易い回答となるでしょう。

また、「想いや意欲」に関しては、行動や成果に変換して伝えることが大切です。

難しい内容でなくとも、企業をしっかり研究し、相手企業に沿った自分の目標を語ることでも良いでしょう。
事前にアピールしたいことを準備したり、企業に入社するために努力した成果をみせることでも「想いや意欲」は伝わるはずです。

「コミュニケーション能力」と「想いや意欲」がある人財を求めているのは、大手企業だけでなく地元中小企業も同じです。

基本的な能力ですが、採用に至る土台となるポイントとも言えます。
面接に行き詰まったり、不採用が続いている場合は、一度自分のことを振り返ってみると良いかもしれませんね。

まとめ

今回は企業が採用するユニークな面接方法から、求める人財の傾向を探りました。
結論としては「コミュニケーション能力」と「想いや意欲」がある人を求めていることが、共通点のようです。

会話が少し苦手だと感じる人も、普段から意識して会話すれば効果は徐々に出てきます。会話能力が上達すれば、「こんなことを頑張った」「こういった想いで面接に望んでいる」と、想いや意欲を語ることもさほど難しくありません。

何か思い当たることがある人は、今回の内容を参考に自分を振り返ってみることがおススメです。

※自己分析の方法は、下記のブログを参考にして下さい。
・「人生曲線」の活用方法はこちらから
・「自分史」の活用方法はこちらから

(この記事を執筆・編集した人)
スペイン商事さん、鈴木 勉 2020/2/1

就・転職に関する無料相談はこちら