初めての就職や転職の際は、面接にも慣れていないため不安になるものです。
面接官への質問に対する回答や、志望動機の理由に迷う方も少なくないでしょう。

気を付けたいのが状況を誤って把握し、必要以上に緊張して自分を伝えられないこと。

しかし、多くの不安は「面接の考え方」を理解することで解消すると言えます。
あなた自身をしっかりと伝えるために、まずは正確に面接の心構えを理解することが大切です。

企業側である面接官の考え方と、ご自身の心の置き所が分かるだけで、質問の回答方針も明確になり、採用確率の高い面接を実施することができるのです。

なにより「あなた自身を率直に伝えること」が面接の極意です。
そのために、まずは「就職・転職の面接に対する考え方」を整理していきましょう。

面接の考え方

面接の考え方

面接の考え方を整理する上で大切なのは、面接には2つの視点があるということです。

面接における視点とは
「企業側」
「あなた」
それぞれの考え方である、以下の2点です。

①企業があなたを見極める
②あなた自身が働くべき企業であるかを見極める

なぜ視点を理解することが大切かというと
①のように「企業から見られている」意識が強い方が多いのですが
②のように「あなた自身が判断する場でもある」ことを忘れている方が多いからです。

企業側から見られてる考え方が強すぎると、必要以上に緊張してしまったり、面接官に印象の良い回答に終始し、あなたの長所や本当の人間性を伝えられません。

もちろん、本当の人間性が伝わらないままでも、採用に至る場合もあります。
しかし、自分を出せない環境や性格を誤って認識された職場では働きづらいことは言うまでもなく、最終的に自分らしく働き続けることは困難です。

自分らしく生き生きと働き続けるためにも
「あなたが企業を見極める」考え方を持ち
面接に望むことが大切なのです。

企業と共に働くパートナーとして、対等な立場を意識することも大切なポイント。判断する側である意識があれば、面接官との会話も興味を持って素直に楽しめるはずです。
また、バランスの良い考え方を軸にすることで、自分を率直に伝えられ、採用確率も向上するでしょう。

面接官の面接に対する考え方

面接官の考え方

では、面接官は面接に対してどの様な考え方を持っているのでしょうか。
面接官が見ている主なポイントは、下記のようなところです。

・マナーや一般常識

どんなに能力の高い人でも、マナーや常識が備わっていなければ活躍が難しいもの。
基本的なマナーや一般常識は、面接官が大切する選考のポイントです。

しかし、マナーを気にし過ぎて、プレッシャーを感じ過ぎるのは本末転倒と言えます。
基本的な回答や受け答え、失礼の無い振る舞いができれば問題ないでしょう。

・長く勤務する意思と健康な状態であるか

面接官の基本的な考え方としては、働き続けられる人材であるかは重要な項目です。
欠員になったところに取り急ぎ人材をあてがっても、手間もコストも掛かるばかり。
そのため、求職者の意思や健康状態を含めて確認したいと考えています。

あなたが面接で行うことは、志望動機などに絡めて熱意を伝え、信頼を得ることです。

もちろん、面接官に熱意が伝わらず、信頼が得られない場合もあります。
しかし、面接官も人間ですので、受け取り方や考え方は人それぞれで当然と言えます。
あなたが率直に熱意を示し、信頼を得る姿勢を見せることこそ、採用を得るための対策となるのです。

・志望する職務に適応できるか判断したい

企業が就いて欲しい役職や、あなたが志望する職務に適応可能かどうかも注視しています。
代表的なポイントは、以下の3点です。

①スキルが適切であるか
②メンタルが適切であるか
③意欲があるか

スキルは、面接の質問を通して、過去の実績や経験を基にした回答から判断していきます。
メンタルは、求職者の回答傾向から「前向き」であるか「くよくよしやすいのか」などを判断していきます。

メンタルを判断するために、変わった質問への回答で判断する面接官も存在します。
心配しないで欲しいのが、あなたにとって大切なのは、率直に自分を伝えることです。
マニュアル通りの回答でなく、自然に素直に回答することで信頼を得られるでしょう。

最後の意欲は、仕事へのビジョンやキャリアへの考え方を語ることが大切です。
企業に対して貢献できる能力と、今後携わりたい業務内容について伝えると良いでしょう。

・企業との相性を見極めたい

最後に大前提となる、企業との相性も採用の判断基準です。
理念や事業方針に共感していることは大切ですが、自分を偽ってまで考え方を企業にあわせる必要はありません。

企業環境との相性を測るのは、面接官の仕事です。
「面接はあなたが判断する場でもある」ことを忘れず、面接に望めば気持ちも安定します。
自分の想いを丁寧に伝え、判断は面接官に任せることが大切と言えるでしょう。

求職者の面接に対する考え方

求職者の考え方

では求職者の目線では、どのようなことに意識を置いたら良いのでしょうか。
面接を進めやすくなる基本的なことをご紹介します。

・新卒採用と中途採用の面接の違い

企業側として、新卒採用と中途採用の採用基準が違うことは覚えておきたいところです。
新卒採用の場合は、基本的にはスキルや実績が無い人材であることが多いため、将来性や意欲、人間性を重視しての採用となります。

対して中途採用の場合は、人間性や将来性はもちろん、即戦力であることが求められます。
そのため「スキル」や「経験」から、必要な「実行力」があることを伝えることが大切。
今までの経験で身に付けたスキルを、どう活かしていけるのかを伝える必要があるのです。

・事実情報と意味情報

面接で人間性と実行力を一度に伝えるポイントは
事実情報
意味情報を意識すること。
事実情報となる「事実」を、どう認識したかを表現するのが「意味情報」です。

例えば「前職の事業で新しいプロジェクトを担当した」内容の場合、意味情報例としては
①大変だった事象を伝える
②学びや得たスキルを伝える
と、大きく2通りから選べます。

大変だった内容を伝えた場合は、大半の面接官の印象は後ろ向きな人物となるでしょう。
しかし、実行したことから得たスキルを伝えれば、実績を伝えるのと同時に、前向きな人間性や考え方を伝えることができるのです。

更に前職で得たスキルを、志望する企業で活かせるビジョンを語ることで、中途採用の大切なポイントとなる「実行力」を伝えることもできます。

・転職理由や退職理由の考え方

転職を希望する方や期間を置いた就職を考えている方は、転職や退職理由の伝え方に悩む方も多いのではないでしょうか。

結論としては、転職や退職、休職していた理由も、率直に伝えるのが大切です。
ポイントは、転職や退職の理由や事実を、今後に活かしていく意思を伝えること。
ここでも、先程ご紹介した「事実情報」「意味情報」を上手く活用すれば大丈夫です。

人間は、失敗からの学びも本当に多いものです。
仮に失敗を原因とした転職であっても、率直に事実は伝えても問題ありません。
大切なのは、今後に活かしていく意思を示す「意味情報」だと言えます。

様々な内容で活用できる考え方ですので、上手に活用して自分らしい意思を示してください。

まとめ

久しぶりに面接を受ける場合は、特に不安になってしまうものです。
しかし、企業があなたを判断するだけでなく「あなたが企業を見極める」場でもあります。
自分らしく能力を発揮できる環境であるかを判断する考え方をもつことで、面接への姿勢も前向きになります。

あとは「あなた自身を率直に伝えること」に集中すれば大丈夫です。

「事実情報」「意味情報」にも意識を置きながら、自然に率直な人間性を示していくことで採用に繋がる面接となります。
面接に臨む前に新しい「面接の考え方」を携えて、あなたの就職・転職活動にお役立てください。

(この記事を執筆・編集した人
スペイン商事さん、鈴木 勉 2019/12/2 更新日2020/5/17)

転職に関する無料相談はこちらから